野菜や果物等の加工  

午後の飛行機で秋田に帰り、秋田市で用事を済ませた後、協会に帰った。

協会では、コメネピュレの製造加工を中心に進めているが、ネピュレ技術は、野菜や果物等の加工もできる。

それらの素材を利用して、ネピュレ入りの大福、おはぎ、ジャム、アンコ等の製造販売を行なうことで、新しい営業ができるのではないか。

既存大手と同じ、おはぎや大福のジャンルでは競争力がないが、ネピュレ食品は他社がやっていないので、競争力は出るのではないか。






# by a-wakui | 2014-07-25 19:37

加速しなければならない  

午後から、大規模農業法人の方たちとの意見交換会があった。

皆、今年の米の流通がいつもの年と違うことを感じている。

そのために何をどうしたら良いのか、具体的な対応ができない人もいるが、それは仕方がない。

私も、今後の米流通の変化に対応するため、様々な取り組みを行なってきたが、それでも対応は十分ではなかったので、これから加速しなければならない。






# by a-wakui | 2014-07-24 17:36

米流通について  

東京支店の営業会議の後、米卸さんと今年の米流通について話し合った。

今年は、米の流通がかつてないほどの激動の時代を迎える最初の年になるので、米の業界にいる方は皆、注意して取り組んでいるようだ。







# by a-wakui | 2014-07-23 17:27

新しいネピュレ商品の可能性  

ネピュレ社にて、新しいネピュレ事業について会議を行なった。

新しいネピュレ商品の可能性についての話し合いだった。

ネピュレ技術は、新しい技術のため、様々な可能性が広がるのではないか。






# by a-wakui | 2014-07-22 17:04

出張中の整理と、今後の計画  

出張中の整理と、今後の計画を整理した。

7月31日に、秋田市のホテルでネピュレ食品の試食発表会を行うため、発表会に向けた資料の整理を行なう。

今回の発表会には、群馬県、山梨県、石川県等から、今後ネピュレ事業に取り組む関係者が大勢参加する。

発表会終了後、協会工場を視察し、ネピュレ事業について意見交換を行なう。






# by a-wakui | 2014-07-21 19:15

< 前のページ 次のページ >

ブログトップ | ログイン