みらい共創ファーム秋田の方向性   

今後のみらい共創ファーム秋田の活動について話し合った。

昨年8月に、みらい共創ファーム秋田を設立してから一年近くになったが、ようやく方向性が見えてきた。

既存の農業法人とは違う取り組みを進める必要があったので、準備に時間がかかったが、これからはスピードを上げる。

盆前までに、一定の方向性を構築する。





 

# by a-wakui | 2017-07-18 17:16

ようやく動きが出てきた   

久しぶりに買い物に行き、帰ってからは、書類整理をした。

協会が提案した、アレルギー対応の非常食やグルテンフリー食品、アレルギー対応のミックス粉等の反応はとても良く、期待が持てそうだ。

また、輸出に向けたミックス粉やパスタについても、具体的な動きが始まっている。

今まで苦労した商品群であるが、ようやく動きが出てきたようだ。





 

# by a-wakui | 2017-07-17 17:30

帰宅   

朝、熊本からの来客と一緒に自宅に戻った。

彼は、能代市に行った後、岩手の盛岡市に行くとのことだ。

彼の仕事も上手く行っており、現在は、自分で造った商品の営業に取り組んでいるとのことだ。





 

# by a-wakui | 2017-07-16 10:57

営農計画   

昨日は、村内の仲間と今後の営農計画について話し合った。

6月中は気温が低く、稲の生育も遅れていたが、7月に入り温度も上がり、生育は追いついたようだ。

私の稲は早植えなので、他の方より成長が良いが、遅植えのところは若干遅れている。

今日は、熊本の方が来社し、田圃を案内した後、秋田市で会食をした。





 

# by a-wakui | 2017-07-15 21:28

農業情勢について意見交換   

村内関係者と今後の農業情勢について意見交換をする。

お盆を過ぎると、一挙に来年の営農に向けて議論が始まるのではないか。

協会としては、今まで取り組んできたことを着実に進めなければならない。





# by a-wakui | 2017-07-14 08:30

ブログトップ | ログイン