農村地帯でのセミナー / 手植え・手刈りをする日本人   

昨日は農村地帯でセミナーを行った。
参加者は、インドネシア農業省、イカマジャの農家グループ、ププック社、ボゴール農大、地方政府関係者、SMBC、PWC他だった。
日本で研修経験のある農家がリーダーになって、農家グループが中心のセミナーであったため、私の話の内容も農家の方が興味を持つ話にした。

また、研修に来ていたボゴール農大の方やイカマジャの農家の皆様も、それぞれ話をしたが、とても熱心に協会のことを話してくれて農家の方も興味深そうに聞いていた。
日本で研修経験のある農家は、1,000人程いるとのことだが、全員が自作地を持っている小地主である。インドネシアは財閥系の農地には小作がおり、その他には自作地の小地主がいるようだ。
インドネシアは相続税がないので、金持ちはますます金持ちになるシステムになっているようだが、現在のインドネシア農業は、財閥系も自作農家も、全て手植え・手刈りであり、このままでは日本と同じようにジリ貧になるようだ。

セミナー会場に日本人で外資系企業に勤めたあと、インドネシアで農業に取り込んでいる方がみえたので、その方の田圃と精米工場を訪ねた。
その方は、ジャポニカ米を生産しているので、他のインディカ米との違いを聞いた。

インディカ米は1kg50円、ジャポニカ米は1㎏150円~200円とのことだ。収量的にはジャポニカ米は、インディカ米の8割とのことで、市場は日本食レストランが中心であるが、作り過ぎると市場が溢れるとのことだ。
驚いたのは、田圃の地代が10アール4万円とのことで、日本より高いことだった。
インドネシア農業の多くは小作なので、地主に払う小作料がとても高いとのことだ。
人件費は1日600円前後なので、ジャポニカ米を作ることで、間に合うとのことだ。

それにしても、外資系のコンサル会社に勤めていた優秀な日本人が、インドネシアの農村で手植え・手刈りの農業に取り組んでいることは、私には信じ難いことだ。
今日はジャイカを訪問し、明朝の飛行機で帰国する。





 

# by a-wakui | 2016-08-26 19:30

ボゴール農大でのセミナー   

午前中にボゴール農大に着き、セミナー会場を確認し、打ち合わせを行った。
セミナーは午後1時半から始まり、5時半まで行った。
農業省の方や日本大使館の方、ボゴール農大の先生、PWC、私、協会職員がそれぞれの立場で20分から40分間、インドネシアの農業情勢や今回のプロジェクトの話をした。

その後、4月下旬に協会を訪問したインドネシアの研修生の方が5人、協会訪問の体験談を話した。
特にボゴール農大の先生は、とても情熱的な表現で協会の取り組みを紹介し、インドネシア農業も変わらなければならないと話していた。
他の研修生の方も、予想以上に一生懸命に話をしていたのが印象的だった。

インドネシアは、世界で3番目の米の生産国であるが、農家の多くは貧困家庭である。農家の生活が豊かにならなければ、インドネシアの農業の発展には繋がらない。
今回のプロジェクトをきっかけに、何かが伝われば良いのだが。
ボゴール農大の先生より、今度インドネシアに来た時に、大学生に話をしてくれと頼まれたが、どのような話の仕方をすれば良いのか。

セミナー終了後、明日のセミナー出席のため、2時間離れた所へ移動した。
そのホテルの近くに、日本食レストランがあったので入ったが、日本の味と全く同じなので驚いた。
インドネシアに来て、様々なレストランで食事をしたが、皆とてもおいしい料理だ。
インドネシア料理の多くは甘辛い味付けとのことで、国民の多くが糖尿病というのが問題である。




 

# by a-wakui | 2016-08-25 19:30

ASEANの農業発展につながる糸口   

昨日は、午前と午後の商談先と、明日のセミナー出席のボゴール農大が離れたところにあったため、一日に8時間以上車で移動するハードなスケジュールだった。

午前中はジャカルタ市内で、インドネシアの農業情勢について意見交換を行い、昼は農業省を訪問し、農業情勢について説明を受けた。
午後からは、日本食を専門に輸入し、スーパーに卸している輸入メーカーと商談をした。カタログを見ると、酒以外の日本食はほとんど揃っているようだ。
夜は、春先に協会を訪問したボゴール農大ビジネススクールの学長や生徒たちと会食をした。

明日は、ボゴール農大で、農業の6次産業化についてのセミナーが開催され、私と日本大使館の方が講演をすることになっている。
インドネシア農業の発展のためには、農地の基盤整備と機械化、そして、6次産業化の推進が必要であるが、それは極めて困難な道のりである。

ASEAN諸国の農業情勢は、インドネシアに限らず、どこも同じ環境のようだが、今後訪れる世界の食料危機に備えるためには、ASEANの農業の発展は、全世界の人々にとってとても重要なことである。
そのためインドネシア農業の発展は、ASEANの農業発展につながる糸口になるのではないか。
私がそのための力になれるかどうかわからないが、少しでも私の経験が活かせるような提案をしたいと考えている。

明日は、農村地帯でも同様のセミナーを行い、日本の農業指導者と会うことになっている。




 

# by a-wakui | 2016-08-24 21:10

卸や国有企業との商談   

午前中は健康食品を主力商品としている卸を訪問し、商談を行ったが、ベビーフードに関心があり、病院食にするにはハラール対応が必要で、賞味期限も2~3年必要とのことだった。

午後からの国有企業との商談も予定通りに進み、夕方の製茶メーカーとの商談も予定通りに進んだ。
やはり物を売るには、その国の商ルールと食文化の理解が必要であり、単に売りたいとの思いだけでは結果は出せないのではないか。

夜は日本の商社の方と会食をしたが、8年前に私の所に来た方だった。日本の商社が、世界中に市場を求めて戦っている姿を実感できた。
会食の場所も日本人が経営し、別業態も含めて28店舗を経営しており、日本で修業したので、日本の味そのままだった。日本の農家も、もっと世界を見なければだめなことを実感した。




 

# by a-wakui | 2016-08-23 21:35

「インドネシアで講演やセミナー開催   

JICAの支援を受けている、インドネシア農業支援事業のため、昨日、日本から来た。
今日から4日間、ボゴール農大や農村で講演やセミナーを開催し、27日に帰る。
インドネシア出張は今回で4回目になるので、今回は何らかの答えを見つけなければならない。

インドネシアの農家の多くは、日本の農地改革以前と同様の小作農のため、日本の農業発展と同じプロセスはできないので、インドネシアの実情に即した発展の仕方を考えなければならない。

午前中は健康食品を多く扱う量販店に行き、グルテンフリー食品の可能性について意見交換を行う。
午後からはインドネシアの国有企業と、米ヌカ油事業の可能性について意見交換を行い、夕方は菓子メーカーと意見交換をする。
夜は、日本の商社関係者と会食をし、インドネシアの農業関係の意見交換をする。




 

# by a-wakui | 2016-08-22 22:30

ブログトップ | ログイン