「農業政策と選挙」   

先日の福田首相の突然の辞任問題で、日本中が揺れている。

昨年の秋には、参議院選挙の結果を受け、米の緊急買い上げや減反強化等、それまでの農業政策を急に変化させるような出来事が起きたが、今年は選挙を控えて、何が起こるのだろうか。

何十年も、選挙のたびに農業政策が右往左往してきた。今こそ、日本の農業は、選挙の事情によって政策を変えるのではなく、日本人の食糧生産を外国に頼るか、国内で生産するのかという方向性を、真剣に考えるべきではないのか。

by a-wakui | 2008-09-07 11:59

<< 「続く食品偽装問題」 「国民の食糧問題」 >>

ブログトップ | ログイン