「広がり続ける食品偽装」   

事故米の転売で大騒ぎしているうちに、また中国からの輸入品である農薬の混ざった餡を味見し、体を壊すというニュースが報道された。

それと同時期、今度は中国で牛乳に水を混ぜて増量し、たんぱく質含有量を増すために、工業用の薬品を混ぜ、6千人を超える乳児に被害が出たという事件があった。
驚くことに、その牛乳を原料として利用した加工食品が、日本にも大量に輸入され、日本中の量販店に出荷されたという。

一つの事件が終わらないうちに、国内だけではなく世界中で、次々と新しい事件が発生する。今食べているものが本当に安全なのか、体に良いのか悪いのか全くわからない状況に陥っているのではないか。

by a-wakui | 2008-09-22 17:58

<< 「日本の食糧事情の現実」 「事故米に対する政府の責任」 >>

ブログトップ | ログイン