<   2009年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

「今まで以上に新しい考え方で」   

今日で今年も終わり、明日からは新しい年が始まる。

私は、2年前から初めてブログというものを書き始めた。最初は、何を書いたらよいかわからなかった。他の人のように日常生活を書いても意味がなく、私でなければならないブログとは何かとの考えで今の型になった。

私は、ブログを通して私自身に問いかけている。そのため、同じような内容を繰り返して書くことが多い。その理由は、ひとつの問題に取り組む時、何日も考えて物事を進めようとするため、どうしても同じ繰り返しの疑問を、自分に問いかけるようになる。そして2年間、1日も休まずブログを書くことで自分の考え方を整理し、自分の理念を磨くことにとても役立っている。

私は、ブログに誰が考えてもできもしないことを書くことが多い。できもしないことを、数字を挙げ、日時を特定して書くのは、将来に目標を立てているからである。

そして、その目標に向かって様々な努力をする。1年前に、米の加工食品の営業に特化することを書き、春先に米めんへの取り組みを始めた。そして今は、来年から新規需要米だけでなく、加工用米にも本格的に取り組むことを書き始めた。

私は、自分の考えを文章に書き、言葉にして外に向かって発表するようにしている。そのため、私の考え方はいつも突飛に聞こえ、ほら吹きにも聞こえる。私も自分の言っていることが、そう簡単にできるとは考えていない。簡単にできないからこそ、外に発言することで、自分にプレッシャーをかけている。

人間はとても弱いもので、自分の考えを外に発表してなければ、誰からも非難されないし、何もできなくても安心できる。

米の加工食品に特化する営業を始めて1年経ったが、今は本当に夢の多い世界にいると実感している。

国が、新しい農業政策で加工米や新規需要米に多額の補助金を付けるようになった。そして来年から、全ての米のトレースが始まる。今までは加工用米は全農扱いで、私達は使うことができなかった。米加工食品の多くが輸入米を使っており、私達の主食用米はコスト的に対応できなかったが、これから、コスト的には十分対応できるようになるし、トレースにより、輸入米との差別化もできるようになる。これからの農業経営は、主食用米の生産販売も大事なことではあるが、加工用米や新規需要米の活用が最も大事なことになる。

日本農業においても、生産地において加工用米や新規需要米が自由に入手できるようになる。その米を利用して加工食品を造り、全国に営業することができれば、農業の発展は限りないものになる。そのためには、農業が「生産と販売」を一体化した6次産業の姿を構築していかなければならない。

農業の企業化を進めるには、農業以外の企業の参入障壁を低くして、多くの企業が参入できるようにしなければならない。農業は、「企画力・商品開発・営業分析・品質管理・経理・デザイン」等、様々な人材を必要としている。今までの生産だけの農業からはそのような人材は生まれない。

農業を発展させていくには、人材の投入が必要不可欠である。また、多くの人材が活躍できる農業の創造を急がなければならない。明日から新しい年が始まるが、新しい年は、また今まで以上に新しい考え方で進んでいきたいと考えている。

by a-wakui | 2009-12-31 15:33

「改革の年を振り返る」   

協会では、今日から年末年始の休みとなるが、6人が出社し荷造りの遅れや間違いがあった場合の対応をしている。どんなに注意をしても、例年何件かの間違いが発生するので、30日の出社は大事な仕事になる。

今年は、協会にとって大きな変革の年になった。昭和62年に協会を創立した時も、あきたこまちの個人産直をビジネスとして取り組んだのは、全国で協会が初めてのことだった。

大潟村では、玄米の販売が中心だったから、多くの方は私が失敗するだろうと話をしていたが、私は、白米の個人産直を成功させないことには、農業経営はもちろんのこと、大潟村の農業に未来はないと考えていたので、必ず成功させたいと考えていた。

産直事業には、何もわからないまま必死になって取り組んできたが、数年もしないうちに白米の産直が大潟村の主流になり、またたく間に全国に拡がっていった。

今回の米めん事業にしても、白米の個人産直の時と同じような状況であり、大潟村の多くの方が、協会の米めん事業はうまくいかないと思っている。もっとも、うまくいくと思っているのは私だけで、私以外の日本人が皆うまくいかないと思っているのかも知れない。

私以外にも、全国で数社の米めんを製造販売している会社はあるが、皆地元中心での販売であり、協会だけが全国展開を目指している。8カ月間の商品開発と営業活動と言っても、無限の荒野をドンキホーテが走り回っているようなもので、どこまで成果が出たのかよくわからない。

しかし、どんなに困難でも取りかかった仕事だから絶対に成功させなければならないし、成功すると確信している。

by a-wakui | 2009-12-30 18:46

「加工用米としての利用の必要性」   

協会は、12/30~1/3まで正月休みとなるので、今日が今年最後の仕事である。

正月休み中に荷物が届かない等、迷惑をかけることのないよう、今日の仕事は特に注意しなければいけない。

私は昨年、リーマンショックによる不況が始まったときから、この不況は一過性のものではなく、数年続くと考えた。

そして、この不況をきっかけとして、日本人の価値観も変わり、大きな時代の転換が起きるのではないかと考え、その時代の変わり目に対応するため、協会の事業を主食用米の販売だけでなく、米の加工食品の開発と販売に力を入れるように考えた。

またそれを実現するため、昨年の秋より、主食用米の新規営業を中止し、米の加工食品の開発と営業に取り組んだ。そして今年も主食用米の営業はしていない。

主食用米の営業をしながら、加工食品の営業を続けることは、どうしても加工食品の営業が片手間になってしまう。そんな想いを持ちながら、今年は正月明けから米の加工食品の営業に特化してきた。

その結果が米めんの商品開発と、営業先の開拓である。そこに新しい農業政策が始まり、協会が進もうとしている方向性と、国の農業政策の方向性が初めて一致した。

今回の国の農業政策は、私が40年間待ち望んでいた政策であり、反対する理由は何もなく、他の仲間にも参加を呼びかけている。

国が加工用米や新規需要米に補助金を出すうちに、商品の開発と営業先を開拓しておかなければならない。
農家だけでなく全国のJAグループも、国の新しい農業政策を活用することができれば、農業・農村に新しい発展の可能性を示すことができるのではないか。

私は新規需要米を利用した商品開発と営業の方向性については、それなりの見込みができたと考えている。
これから考えることは、加工用米の取り組みである。

大潟村では2万tを超える加工用米と新規需要米が栽培されるが、米粉用の実需者は、協会の他にはあまりいない。

協会でも2万tの米を、全て米粉用としては利用できないので、加工用米としての利用も必要である。
加工用米は、もち米とうるち米がある。もち米とうるち米を利用してどのような加工食品を造れるのか。現在の市場にある商品を調査して、協会が造れる商品を開発しなければならない。

新規需要米と加工用米の両方に取り組むことにより、新しい事業の開発につながるのではないか。
米めんだけでなく、協会では様々な加工食品に取り組んできたので、新しいアイディアはたくさんある。これからが協会の強みを活かすときだ。

国が新しい農業政策を出したが、今まで減反政策に参加していた人達からは、補助金の額や、補助金の配分方法、今まで減反していた人達と新しく減反する人達との差など、様々な不満があるようだ。

畑が作りにくい秋田県で、減反面積に米を作っても補助金が出、主食用米を作っても補助金が出るという政策に、何の不満があるというのだろうか。

補助金があるように、新しい農業の方向性を確立しなければいけない。そのことのために全力を尽くさなければならないのではないか。それが自分のためであり、秋田の農業の発展のためである。

協会には連日のように、県内の農家や一般の方からたくさんの激励の電話がくる。皆、何が正しいのか判っているのだ。他人を非難しても何も生まれない。

今こそ新しい時代の新しい農業の創造のために、皆が一丸となって頑張らなければいけない。
協会の今年の仕事は今日で終わるが、正月休み中に正月明けの戦略をしっかりと考えておかなければいけない。

by a-wakui | 2009-12-29 17:46

「次に向けての商品開発と営業戦略」   

協会は29日が仕事納めなので、今日・明日は、来年の準備に向けて大忙しだ。年末年始、協会には誰もいなくなるので、ミスを出さないようにしなければならない。
来年からは米めんも本格的に始まり、ぼたもちや大福、キリタンポも、今年以上に多くなる。
また、おこわも始めるので、仕事の基本的なことを徹底しなければならない。何事も基本が最も大切である。
今年は、ぼたもちを、多いときは月間に30万個以上製造した。これまで、ぼたもちは一番多いときでも、月に5000個以上造ったことがなかったため、今年は大忙しであった。

また、キリタンポも20万本が100万本を超えるようになり、こちらも大変忙しかった。
この経験を活かし、おはぎもキリタンポも、今以上に製造量が多くなっても、絶対にミスを出さないようにしなければいけない。

そのためには、基本動作の再確認から始めなければいけない。それは製造だけではなく、受付業務においても同じである。

大事なことは、次に向けての商品開発と営業戦略を組むことだ。

企業は、先に進むチーム、今日を取り組むチーム、そしてフォローをするチームの役割を明確にしておかなければならない。どこが欠けても企業経営は上手くいかない。

協会では、米を中心とする商品開発を行い、販路は、個人、小売用、業務用、生協、学校給食、食品メーカーと多種多様である。

主力とする商品と販路は決まっている。しかし米という単一原料であるため、商品開発といっても、幅は限られている。

商品によっては、開発の幅が限られているものもあるが、PBやOEM等も考えれば、多種多様な商品を充分開発できる。

やはり、どんなアイディアでも受け入れられるよう、自分の考え方を常に柔らかに保っておかなければならない。米めん事業の取り組みでもそうしてきた。

幅の広い商品を考えるには、幅の広い考え方を持たなければならない。

by a-wakui | 2009-12-28 18:33

「自分にない知識と経験を導入すること」   

正月明けには協会の生産者会員が栽培する米、20万俵を、主食用米と加工用米、そして新規需要米に振り分け、それぞれの米を誰が、どれくらい栽培するかを決めなければならない。

大事なことは、どの米を植えても15haの収入に大差が出ないようにしなければならない。

そのために、協会では生産者会員の栽培する米の販売計画を立てなければならない。販売計画を立てるといっても、来年の秋に収穫する米を、今から販売計画を立てるというのだから、おおむねの計画になるのも仕方ない。

それというのも、農家は新しい農業政策に参加するためには、種子の準備から始めなければならないので、1年前倒しの販売計画が必要になる。

来年の秋の収穫といっても、米めんの商品開発と営業活動から分かるように、1年間早く活動を始めても、早過ぎることはない。

米めんに取り組んでから1年経ち、ようやく動きが始まるようになったのだから、どんなに急いでも急ぎ過ぎることはない。

米を生産するだけなら、米の作り方を習得するだけで良い。そして真面目に仕事をすれば、それなりの収量は期待できる。

しかし米を加工して販売するということは、とても多くのことを勉強しなければならない。当然のことながら、自分の勉強だけでは足りないので、様々な専門分野の人の意見を聞かなければならない。

それでも足りず、外部に委託する仕事も出てくる。それが農業の6次産業化であり、農業・農村の発展の原動力である。

「商品の加工技術、品質管理、分析、営業力、開発力」等、生産された原料に付加価値をつけることは、生産以外の知識と経験を必要とする。

そのような新しい知識と経験をどうやって導入することができるか。自分になければ外から探してこなければならない。

経営とは自分にない知識と経験を外部から導入することから始まる。

by a-wakui | 2009-12-27 16:58

「楽しみながら開発に取り組む」   

昨年から1年間かけて、新規需要米の商品開発を進めてきた。
そして、今年の7月より建設を始めた米めん製造工場が10月下旬に完成し、ようやく第一歩が始まった。

大潟村の多くの農家は新しい農業政策の参加に向かって準備を始めている。協会でも米粉用米の利用だけでなく、加工用米の利用に向けても、商品戦略に取り組んでいるところだ。

今までは、米粉と言えば、「センベイ、おかき、餅」等、既存の米加工食品しかなかったが、小麦由来の商品を造ることで加工の幅が一挙に広がる。

当然の事ながら、米にはグルテンがないため、商品開発には困難を極めるが、挑戦する価値のある仕事である。

私は、協会を創立して22年間、米を利用した様々な食品加工に取り組んできた。

これまでの経験を活かし、米を利用した小麦由来の商品に取り組むことはゲームをするようなもので、楽しみながら開発に取り組むことが大事である。

苦しみながら取り組んでも良い考えは浮かばない。楽しみながら取り組むことで良い案が浮かんでくる。
今までの減反政策は、米を減らすことが目的だった。しかし新しい農業政策は、米を作っても良いし、ただ利用方法や売り先は自分で決めてくださいということになった。

利用方法や売り先がなければ、補助金が出ないということになっている。

米を作るためにはその利用方法や売り先を自分で決めなくてはならなくなった。

自分で決めることを苦痛と思うか、楽しいと思うかによって、その後の行動は全く異なるのではないか。

by a-wakui | 2009-12-26 17:49

「米めんの食べ方の普及」   

米めんの営業先では、春夏メニューとして、大口先では来年の2月から始めるところが多いようだ。

正月明けからは、今までとは違う業種業態に対しての営業を進めていかなければならない。
今までの発芽玄米の営業の経験もあるので、様々な業種業態のPBやOEM対応もできるようにしておかなければならない。

また、来年は加工用米の利用でも、本格的な商品開発と営業をしなければならない。

加工用米についても、今まで様々な商品開発や営業を行ってきたので、アイディアは色々ある。今までの農業政策は、自由に加工用米を作ることも、自由に加工することもできなかった。しかし今は、加工用米や新規需要米を自由に作り、自由に加工し、自由に売ることができる。その面からみても、新しい農業政策は、素晴らしい政策だと考える。

しかしながら、加工用米や新規需要米ができても、その利用方法が開拓できなければ「猫に小判」になってしまう。

日本農業が発展するか否かは、加工用米と新規需要米の商品開発と販路の開拓ができるか否かである。

農業の6次産業化をどのように推進するかということが、これからの農業政策の最も重要な政策になるのではないか。

新規需要米を利用して、小麦粉由来の商品を開発するといっても、小麦にはグルテンがあり、米には無い。
このグルテンの有無が、小麦と米の加工適正が区別されることになっている。
分かりやすく言えば、小麦と米は別のものであり、同じ加工はできないということになる。

しかしながら、小麦粉由来の商品を開発しなければ、米の消費拡大は進まず、減反面積に飼料用の米を植えるしか方法がなくなる。

米を使って小麦由来の商品を造ると言っても、小麦商品と全く同じものを造る必要は無いのではないか。

小麦由来の商品の特性を活かしながら、米特有の機能を付加していくことで、新しい商品ができるのではないか。

「めん」にも「蕎麦、うどん、冷麺、ラーメン、パスタ、焼きソバ、インスタントラーメン」等があり、それぞれ皆、味と食感に特徴があり、それぞれは、形は似ているが全く別の食材である。

米めんも同じ考え方で、米めんとしての食べ方を提案しなければならない。協会ではそのために、大阪の辻料理学園との共同開発で、米めんに合った料理方法を開発している。

また、秋田県の料理研究家の米本先生にも、秋田の食材を利用した料理方法を開発依頼している。
米めんの普及のためには、米めんの食べ方の普及が最も大切なことである。

また、米を粉にすることにより、他の食材とのブレンドが容易になるので、この特性を活かして新しい商品開発を進めることができる。「お茶、のり、雑穀、野菜、果物」等、それぞれの地域の特産物を利用することで、どんな商品でも造ることができる。

米の消費拡大は、今までの米を利用した商品開発に取り組みたくなるが、それでは米の消費は拡大しない。小麦粉由来の商品開発をしなければならない。

それはとても難しく、苦労の多い道のりであるが、そのことしか米の消費拡大の方法は無い。そのことができれば、無限の可能性が広がっている。

by a-wakui | 2009-12-25 18:28

「農業農村の発展の可能性」   

先日、秋田県が減反面積全てに新規需要米を栽培したら30万tになり、売り上げも4500億円を超えると書いた。

全国に当てはめると、新規需要米は700万tを超え、仮に米めんで売り上げを計算すると、10兆円を超える売り上げになる。

売り上げ額や雇用の確保は、どんな事業か、どんな商品を選択するかによって、大きく違うことは当然である。

大事なことは、減反が始まってから40年間、日本には無かった700万tの米が生産されることである。
そんな米が700万tも出るということは、日本中の食品メーカーが大きな関心を寄せることになる。
その700万tの米を何も加工しないで、飼料米として販売することになれば、日本中の農業農村の発展は、これ以上望めない。

しかし、その700万tの米を農業者自らが加工し、国内市場のみならず、世界への輸出を考えることができれば、日本の農業農村の発展はとても大きな可能性を生むことになるのではないか。

どの道を選ぶのかは、一人一人の農家の意識にかかっている。
私はそのために一年前から準備をし、今年の春から本格的に米めん事業に取り組んできた。そして今は、輸出事業にも本格的に取り組もうとしている。

私ができることは、せいぜい2万t~3万t位しかできないと思うが、私の取り組みは呼び水として、全国の農家の間に広がっていくことを期待している。

by a-wakui | 2009-12-24 18:39

「制裁的な政策」   

私は、協会創立以来22年間、休みなく新しいことに挑戦し続けてきた。
そして今年は、減反政策の根本解決のために、米めん事業に取り組むことにした。

そんな私に対して、今だに非難している人達がいるのはとても残念だ。
私を非難している人達は、一度でも協会を訪れたことがあるのだろうか。

一度でも協会を訪れたら、とても恥ずかしくて今の様な非難はできなくなるのではないか。

個人でも企業でも、前に一歩を踏み出さなければ何も生まれない。
前に一歩踏み出すことで、新しい発見ができる。
私や協会を非難する人達は、立ち止まるばかりでなく、後退している。自分だけ後退しているのなら良いが、秋田県の農業全体を後退させてはいけない。

国も新政権になり、新しい農業政策の実現のために試行錯誤している。はっきりしているのは、減反面積に加工用米や新規需要米を栽培するとともに、その米を利用した農業の6次産業化を推進したいと考えている。その基本的な方向は決定しているのだから、意欲的な農業者やJAは、国の考えている方向性に向かって、全力で走る時がきたのではないだろうか。

戸別所得補償制度金額はいくらになるのか。
主食用米の面積はどれ位になるのか、ということは、今回の農業政策の方向性に比べたら大したことではない。

今までのような強制的な減反政策は無くなった。
今、農業者に求められているのは、新しいことに挑戦していく心意気ではないだろうか。

今日の秋田魁と朝日新聞に、県米政策推進協議会(会長 佐竹敬久知事)が22日に開催された内容が報道された。

新聞によると、協議会では「今後の方針として、ペナルティ的な措置は廃止するとのこと、市町村内の転作率の格差を数年かけて段階的に調整することを確認した」とのことだった。

しかし、協議会に参加した委員からは「反減反派は、激変緩和措置をしたとしても、本当にその間、減反に協力するか疑問だ」とする声や、「長い歴史の裏返しが3年の緩和措置では解決できない」という意見があったようだ。

また、協議会の委員である県町村会長は、「ペナルティを無くすことは大事だが、今すぐは無理だということを国に理解してもらいたい」と話している。

そして、協議会副会長を務める県農水部長は、「大潟村以外の大多数の農家のことを考えれば激変緩和しかない。説明を尽さなければ納得はしてもらえないと思っている」と話している。

赤松大臣のペナルティを廃止するとの発言に対して、赤松大臣や大潟村で減反に参加しなかった方達に対して大変な批難の声が一斉に上がったが、赤松大臣の発言が無ければ、大潟村は今まで通りのペナルティが配分されていたのではないか。

減反に参加すれば、ペナルティが多く主食用の栽培ができなく、お客様にあきたこまちを届けることができなくなる。減反に参加しなければ、非協力者として様々な批難を受ける。

そんな制裁的な政策が何十年も続いたため、ペナルティを受ける農家も、ペナルティを出す行政側もマンネリ化して、異常なことだと思わなくなってしまった。そして、新しい農業政策に参加しようと考えた時に、ペナルティが大きな障害になった。

赤松大臣は、新しい農業政策をすすめる立場から見たら、大潟村のペナルティは異常に映ったのではないか。新しい農業政策に参加できないようにして、結果として参加できなければ、全県挙げて批難を繰り返す。こんな政策はもうやめようではないか。

大潟村では、今までペナルティで減反に参加できなかった農家が、今度は新しい農業政策に参加するために、国の方針が出る出ないにかかわらず、参加者の募集を始めている。このまま順調にすすめば、大潟村は新しい農業政策に対しては全国一の参加率になるのではないか。

大潟村は稲作のモデル農業を創るために立村され、入植者は稲作のモデル農業を創るために全国から入植してきた。残念ながら入植と同時に始まった減反政策は、畑作に不向きな干拓地でも畑作を強制されることになった。

入植者は入植の借金を返すため、家族を守るため米を作らなければならなかった。

しかし、新しい農業政策では、畑作に不向きな所は、主食用米以外の米であれば、米を作っても良いことになった。畑作に不向きな所での畑作の強制は賛成できないが、畑作に不向きな所では新規需要米を作付しても良いという、新しい農業政策に反対する理由がない。賛成するのは当たり前だ。

大潟村の農家は専業農家であり、農業以外の収入は無い。今まで40年を越える経験の中で、畑作で失敗しても行政もJAも助けてくれない。

経営の失敗は皆自己責任であり、畑作経営の失敗で農業をやめなければならなくなった方もたくさんいる。
大潟村を批難する方達は、大潟村が畑作で失敗しても、ペナルティが多すぎて経営が上手く行かなくなった時、助けてくれるのだろうか。

大潟村を批難するより、国がすすめる新しい農業政策に対してどのようにしたら秋田県農業が遅れないようにできるのか、そのことに全力を尽すべきではないか。

大潟村を批難しても何も生まれない。全県の農家もそんなことを喜ばない。そんなことよりも、全県の農家はどのようにしたら国の新しい農業政策の中で秋田県の農業、そして自分の農業を発展させて行くことができるのか、そのことの方がよっぽど大事なことではないか。

国の新しい農業政策に取り組むには、今までの何倍も何十倍もの努力が必要ではないだろうか。

by a-wakui | 2009-12-23 18:57

「貴重な知識」   

年末になり、営業先は年末商戦に入り、通常の商談はできなくなっているが、正月明けからの商談ができるように、様々な準備を進めておかなければならない。

その一つとして、米めんの料理レシピを作成しなければならない。

また、米めんの種類も今までとは違う発想で取り組み、様々な業種業態にあった米めんの開発を進めなければならない。

また、加工用米の商品開発についても、市場に流通している商品を調達し、全国展開できる商品の開発を進めなければならない。

無我夢中で始めた米めんの取り組みだったが、半年以上米めんに取り組んだことにより、今まで分からなかった様々なことが分かるようになった。

米めん事業をきっかけとして、様々な商品、様々な売り場、様々な事業展開について、多くの貴重な知識を得ることができた。

米の加工食品に特化して、結果が出なかった時には、これで良かったのかと心配もしたが、今は本当に良かったと考えている。

また、新規需要米の米粉用の米の利用方法は、小麦由来の商品に限るとなっているので、最初はとまどった。今はそのことに真正面から取り組んだことにより、無限に広がっているマーケットに出合うことができた。

既存の米粉商品にこだわっていては、既存のメーカーにかなわないのではないか。

by a-wakui | 2009-12-22 17:03

ブログトップ | ログイン