<   2010年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧   

久しぶりの雨   

今日も暑かったが、久しぶりに雨が降った。

強い雨だったので、あきたこまちに倒伏する所が出てきた。

例年なら、お盆明けに雨が降ると一気に秋の気温になるのだが、予報では今後も30℃を超す気温が続くらしい。

それにしても、雨が降ったので、田圃の乾きも一時的に雨水でしのげるようになった。

協会では連日の猛暑にかかわらず、米めんやおはぎの製造で忙しい日が続いている。

米めん については、どれくらいの製造量になればどれくらいの労働力が必要なのか、まだ良くわからないので、注文量に応じて、製造体制を合わせて行っている状況である。

9月には月間20万食を超えるようになるが、10月頃の月間50万食くらいになった時、ようやく生産体制が見えてくるのではないか。

今日は、十数年ぶりに父の姉の子供達が遊びに来たので、明日は一緒に過ごす。

by a-wakui | 2010-08-31 17:31

「視察の方と」   

今日は、宮城県の認定農業者の方が15人程きた。協会の米めん 工場を視察してから私の話を聞いた。

私は自分の話をしながら、視察にきた方の話も聞くようにしている。そのことによって現在の農村の状況を知るようにしている。

また今日の午前、プリンスホテルで商談会と試食会があったが、さすがプリンスホテルの料理人の手による料理は、とても良い味に仕上がったようだ。

また、テレビ取材もあり、プリンスホテルの米粉食品に対する考え方も語られたようだ。

今日もますます暑くなり稲も人間も夏バテでクタクタになるようだ。

by a-wakui | 2010-08-30 17:45

「有名ホテルで米粉食品を」   

今日は朝9時半頃、新宿御苑に行った。イベントは、新宿御苑の中央の芝生の所で開催されている。周りの木の下は若干涼しいのだが、木のないところは、とにかく暑い、座っているだけで汗が出てくる。

秋田からテレビ局のチームも同行したので、暑い中で撮影をすすめたが、こんなに暑いのに、人が来るのかと心配していたら、次から次へと人が集まってきた。

協会の米めん が「和、洋、中、イタリアン」という6種類のメニューになって、次々にお客様に出されている。

15種類のメニューのうちデザート5種類、10種類が主食であり、そのうち6種類が協会の米めん であった。私も全てのメニューを食べて見たが、とてもおいしく、米めん はどんな食べ方でも良いと、改めて感じた。

とても暑かったので、昼の1時頃会場を出た。

明日は、プリンスホテルでの商談と料理メニューの調理現場も取材できるというので、テレビのチームは明日もプリンスホテルに同行することになった。

プリンスホテルは、協会の米めん を全国のプリンスホテルで利用することになった。また、米粉食品を全社的に利用することになったという。

この様に、全国規模の有名ホテルが米粉食品を利用してくれることになると、米粉食品の広がりに大きな期待が持てる。

私は、午後の新幹線で秋田に戻った。

明日は、またお客様がくる。

全国の農協や農家、市町村の職員等が連日のように協会を訪ねてくる。

皆、何をどのようにやったら良いのか迷っている。

私も何をどのようにやったら良いのか、わからないで迷っているが、その迷いを話すことによって、何かが伝われば良いと思って対応している。これから私も忙しくなるので、今後はお客様の対応も減らさなければならない。

by a-wakui | 2010-08-29 17:42

「イベントに参加するため」   

今日も暑く、夜も気温が下がってない。

稲の生育は、昼暑く、夜は涼しいのが一番良い。

このまま夜の暑さが続くと、稲も暑さのため夏バテするかも知れない。

大雨が降ったり、大風が吹いたり、そして今年の猛暑も、温暖化による気候変動が原因なのか。

今日の最終便で東京に行く。

今日、明日と新宿御苑で、環境庁と新宿区の共催でイベントが開かれている。

そのイベントの一環で「食」のブースがあり、そのブースで利用されるメニューの4割で協会の米めん が利用されている。

私もどんなメニューで利用され、どんな味なのかわからないので、メニューや味を見たいので、イベントに参加するために行くことにした。

今日は、大曲の花火大会があった。飛行機の中から花火が見えたが、遠くに小さく見えただけで、とても残念だったが、初めて飛行機の中で見る花火は何か不思議な感じだった。

by a-wakui | 2010-08-28 20:38

テレビ局の撮影がある   

今日も30℃を超えている。田圃に水を入れるが、今後も晴天が続くようだと、もう一回水を入れなければならない。

夜温も高いので、稲の草丈は例年以上に長く、強い雨が降れば、倒伏の被害が大きくなる。私の田圃は例年以上にしっかりと出来ているので、倒伏の心配はない。

28日と29日に新宿御苑でイベントがあり、協会の米めん が、多くの店でメニュー化されている。29日はテレビ局の撮影があり、30日にはプリンスホテルでの撮影もある。

プリンスホテルが全店で協会の米めん を利用することになったので、大きな宣伝になるのではないか。

私も明日の最終便で東京に行き、新宿のイベントを見学する。

by a-wakui | 2010-08-27 17:22

「現在は窮乏、将来は有望」   

今日も朝からとても暑く、稲の生育もどんどん進んでいる。新潟県では新米の初出荷があり、例年なら100%の一等米が、今年は一等米が25%の比率らしい。

高温障害による「シラタ」が原因のようだ。当然、秋田のお米も多少の高温障害が出るのではないか。

今日は、朝から5組のお客様があった。皆、別々の用件ではあるが、米粉用米だけでなく、皆、食にかかわる何かを求めているのではないか。求めているものが何かがわからないので協会にくるのではないか。

その協会の代表である私も、何かを求めて走り回っているのだから、私の所に来ても何も解決はしないのだが、何も解決しなくても、私自身が悩みながら走り回っているので安心するのかも知れない。

昨日は「ルビコンの決断」というテレビ番組で、全日空の創立者である、美土路社長が「現在は窮乏、将来は有望」ということを座右の銘として、民間航空の創立のために走り回っていたことが放送された。

私も現在、国の重要政策である、米粉用米の商品開発と営業活動のため、毎日走り回っている。米粉食品は将来、有望になるかどうかはわからないが、現在は窮乏していることは間違いない。しかし誰かがやらなければ、日本の農業は変らないとの想いで、誰もやらないのであれば、私がやってみようと取り組んでいる。

今月の28日、29日に新宿御苑のイベントで協会の米めん が一流の料理人に料理されるので、是非とも多くの人に試食して欲しいものだ。

米粉食品のことはもちろんのこと、米めん のことも何もわからないで始めたが、社員の努力はもちろんのこと、多くのお客様のアドバイスでここまで来ることができた。

おかげ様で協会の米めん 工場は、お盆明けより連日残業続きである。

導入先の多くが9月から本格導入を始めるため、ようやく米めん 事業が軌道に乗ってきた。

これからは2交代3交代、そして設備の増設のことを考えて行かなければならない。

by a-wakui | 2010-08-26 18:16

「これから」   

朝の飛行機で秋田に戻り、最初に田圃を見て回った。連日の猛暑で稲の生育も進み、タツコモチは9月10日頃から刈れるようになった。

あきたこまちも9月20日頃には刈れるようになるのではないか。このまま大きな台風が来ないことを願う。気象庁の発表では、この暑さは2週間程続くらしい。

平成5年の冷夏の時は、あきたこまちは10月10日に稲刈りをしたが、平成6年にはあきたこまちを9月10日に稲刈りをした。

私の留守中にいろいろな所から訪問の連絡があった。

以前からの予定も含めて、今後は日程調整をして行動しないと、身動きができなくなる。

8月28日(土)、29日(日)に新宿御苑で催されるイベントで、協会の米めん が利用される。その時は、テレビ放映もあり、次の日には大手外食が協会の米めん を利用するための撮影も行われる。

9月より米めん の本格的な出荷が始まる。今まで1年半以上、米めん 事業に特化した営業活動に取り組んできたが、最初の1年間は米めん の開発と米めん の紹介のための1年間であった。半年前より外食、生協、量販店のテスト導入が始まり、ようやく本格的な導入が始まる。

米めん の全国展開という、誰もやったことのない事業に取り組んだのは良かったのだが、とても難しい仕事になった。

国も新規需要米政策を実施しているが、新規需要が創造されておらず、米粉用米という品種が開発されていないのが現実であり、食用の米粉用米に取り組んでいる方は、皆同じ悩みを抱えている。

食品メーカーや量販店の間で米粉食品についての関心が高まってきたので、もう一押しすれば、一般消費者の間にも米粉食品についての関心は高まるのではないか。

米粉用米の生産振興は国の政策である。米粉用米の生産振興は、米粉食品の消費振興が併用されないと、成果が出ないのではないか。

米粉食品の開発はそれぞれの食品メーカーの努力で何とかなる。それぞれの食品メーカーの力でどうにもならいのが、短期間で国民の間に米粉食文化を普及することと啓蒙活動、米粉食品に適合する高アミロースの品種開発である。

食料自給率の向上のためにも、一日も早く政策の効果が見えるようにしてほしいものだ。

1週間の出張だったので仕事もつまっているが、9月からの本格的出荷に向けて、体制の見直しをしなければならない。また9月は、秋の彼岸のため、おはぎの注文もたくさんきているので、会社はとても忙しくなる。

主食用米の営業活動をやめてから2年になる。2年前に比べたら、会社の事業内容も大きく変ってきた。

会社の事業内容を大きく変えることは、とてもリスクが高いものだが、今の時点で考えれば、事前の決断はとても重要な決断になった。

「ルビコン川を渡る」という話があるが、何年か後に、あの時にルビコン川を渡ったのだということを、思い出すことができれば良い。

会社では次の段階の 米めんの商品開発に、全力を挙げて取り組み、体制を改めて強化する。

by a-wakui | 2010-08-25 18:03

「中国人のパワーを実感」   

今日は、午後2時の飛行機で日本に帰る。夜遅くなるので羽田に泊る。今回の視察旅行は、機械を見ることが主要テーマであったが、中国人のパワーを実感する旅行になった。

13億人の人口を抱える中国は一国で世界を形成している。

先進国以上に発展している上、上海等の海岸部と、50年も遅れている内陸部の経済格差がプラスに働いて、内需を作り出している。

中国のジャスコに出展している飲食店も、日本並みの高いメニューがたくさんあり、ピザハットやマクドナルドは行列を作っている。

給与は、一般労働者は1ヶ月約1万円~1万5千円、事務職や研究者は1ヶ月約5万円~7万円らしい。

これから中国とどのように付き合うのか、私も考えるようになった。

by a-wakui | 2010-08-24 18:00

「視察最終日」   

昨日は飛行機の出発時に、大雨とカミナリで飛行機が飛べるかどうか心配したが、2時間遅れでようやく飛べた。

ホテルに着いたのが夜の10時半で、レストランは開いていないので、コーヒーショップで軽い食事をして、11時半頃ホテルに戻った。

今日も昨日の機械メーカーの機械が利用されているという、食品工場を訪ねた。

今日の設備は今回の視察の目的である設備をフルラインで見ることができ、商品を造るための原料の条件、商品の仕上がり、設備費等々、くわしく聞くこともできた。

今日で3日目の視察になったが、3ケ所を段階的に見ることによって、視察の目的がより良く理解できるようになっていた。

また今回の視察によって今まで疑問に思っていることを幾つか解決もできた。

今回の中国視察で分かったことは、日本の米粉技術とは全く異なる別次元の米粉技術であり、この技術を応用すると、日本の米粉技術は飛躍的に進歩するのではないか。

設備等についても、日本の20分の1くらいなので驚いた。日本向けに手直しを加えても10分の1くらいなのではないか。

今回の視察は、商社の中国人社員が同行してくれたので困ることはなかったが、私達だけでは空港から出ることもできなかったのではないか。

中国人は飛行機の中でも車の中でも、どこでも、また携帯電話でも、とにかく大声で話をする。そのため人が大勢集まると、ものすごい騒音になる。また人も車も信号無視であるから事故がないのが不思議である。

この広い中国と13億人を統一していくのは、とても大変なことだと改めて実感する。

by a-wakui | 2010-08-23 17:59

「新しい機械の性能を研修」   

今日は、昨日視察した機械とは違う加工機械のメーカーにきた。昨日は古い機械だったのが、今日は新しい機械の性能を研修した。

米の種類によって、商品の品質に大きな影響がある理由が、メーカーの社長の話を聞いて良く分かった。

日本に於いても、米を粉にして加工する場合には、アミロースの含有量が大きく影響するらしい。

米粉用米は収量性も大事だが、主食用ではまずいといわれる高アミロースの品種開発が最も大事なことである。秋田県にはこの高アミロース米がないため、品種改良については、国に強い要望をしなければならない。

それにしても、中国はどこに行っても人が溢れている。そして声が大きい。中国の人口は13億もいるのだから声を大きくして自己主張を強くしないと、自分の意志が通らないと思っているのだろうか。

案内によると道路の優先順位は、バス、乗用車、オートバイ、人間と、大きい順に優先性があり人間が一番低いらしい。ウソのようだが、本当かも知れない。

また、信号がほとんどない。たまにあっても郊外では誰も守らず、車線変更も自由である。自動車道を人間が平気で歩いているので事故があっても仕方ない。しかし、今日まで人身事故の現場に1回も遭遇しないのも不思議だ。

夕方は広州からアモイに移動した。明日は、別の食品加工メーカーの視察がある。

最近は、どんな加工食品を見ても米粉を利用できないかと考えているので、何を見ても参考になる。

今日も夜遅くホテルに着いた。さすがに疲れが出ている。

by a-wakui | 2010-08-22 17:57

ブログトップ | ログイン