<   2012年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧   

北京最終日に   

昨夜は、今朝早く出発するために早く床に着いたが、一時間おきに目が覚めるので、3時に起きて出発するまで書き物をした。

日本の大手食品メーカーの多くは、中国に工場を建設し、中国の原料を使い、中国の安い労働力を使い、安い価格の加工食品を日本に輸入している。

また中国に行かなくても、中国の安い原料を輸入して、価格の安い加工食品を、日本で販売している大手食品メーカーもいる。

そのため、中小企業の加工食品では、大手食品メーカーの商品とは競争にならない。

また、日本から中国に輸出されている農水産食品としては、サケ、マス、タラ、清涼飲料水、調味料、種子等が上位品目で、250億円相当であり、とても少ない金額である。

一般加工食品は、中国の商品との価格差があり過ぎて、今まで輸出商品にはならなかったようだ。

しかしながら、近年の中国経済の急速な発展により、国民の数千万人が富裕層といわれるようになり、日本の食文化に強い関心を持つようになったといわれている。

その数千万人といわれる富裕層に、日本の農水産物を購入して頂くためには、どうしたら良いのか、そのために今回の北京の展示館は、とても大きな意味を持つのではないか。

今回、北京に来なければ、最も大事なことに気が付かないまま、参加することになった。そのことを想像するとゾッとする。

朝6時にホテルを出て、北京空港を8時に出発、羽田で乗り換え、夜6時半に帰宅した。

by a-wakui | 2012-02-09 17:57

日本の食文化普及のため   

午前中、ジェトロの北京支店に行き、一般的な中国輸出の現状について話を聞いた。

ジェトロ事務所は、泊まっているホテルの横にあり、とても便利だ。

今後、相談に乗って欲しいとお願いをした。

午後からは、せっかく北京にきたので、万里の長城を見学に行ったが、マイナス20℃の寒さとのことで、あまりの寒さに早々に引き上げた。

夜は4日間のまとめをしたが、今回の北京視察ではとても大事なことに気がついた。

北京に来る前は、私達の商品がどれだけ売れるのかに関心を持っていたが、大事なことは日本の食文化の普及であり、日本の食文化の普及がなければ、日本の展示館も加工食品も、売れないことが分かった。

中国には既に、大手の食品メーカーが進出をし、様々な食品の普及を通じて、日本の食文化を普及している。

その成果もあり、中国に日本食のブームが始まっているという。

今回の北京の常設展示館は、単なる商品の売り場ということよりも、日本の食文化の発信の場として考えるべきではないだろうか。

日本の食文化が普及されなければ、日本の食品も売れないことに気が付いたことはとても良かった。

最初、調味料といわれた時には、味噌、醤油、酒だけを考えたが、調味料には、ダシの素、ドレッシング、ソース、ポン酢、焼肉のタレ、すき焼きの素、ミリン、米ヌカ油、大豆油、菜種油等、様々な種類があり、皆それぞれの使い方がある。

調味料だけでも多くの商品が提案できるが、それぞれの調味料が、どのような料理の場面で使用されるのか分からなければ、どんなに数があっても売れない。

例えば「ポン酢」ひとつをとっても、どのような場面に利用されるのか分からなければ、買うことができない。

この4日間の北京出張の最大の成果は、今回の展示館の開催目的は「日本の食文化の普及と啓蒙」であることに気がついたことである。

明日は早いので、早目に床に着いた。

by a-wakui | 2012-02-08 18:28

百聞は一見に如かずを実感   

午前中は、大手運送会社の北京支社長がホテルに来てくださり、中国の食文化の説明を聞くことができた。

支社長からも、水と炊飯器の話が出されたので、やはり中国で日本米をおいしく食べるには、食べ方のプレゼンが必要であることを実感した。

午後からはデパート3社を回り、中国米の価格や冷凍食品の包装形態、日本酒、味噌、醤油等の価格調査を行った。

また冷凍食品の品揃えを見ると、日本のスーパーと変わらなく、包装デザインも同じである。

現在、協会で考えている商品だけでは、商品の品揃えとしては弱いので、品数や商品形態の見直しを行う必要がある。

特に、中国の富裕層が行くといわれるデパートは、日本のデパートと同じレベルの商品構成になっており、価格も日本より高いものがたくさんある。

特に、日本酒、味噌等がとても高くて驚いた。

「百聞は一見に如かず」といわれるが、やはり来て見なければ分からないものだ。

今日は疲れたので早目に休んだ。

by a-wakui | 2012-02-07 17:48

展示館視察   

早朝、代理店の会社を訪問し、展示館の出品方法について話し合いを行った。

代理店は中国の大きな国営企業であり、今回の日本の安全な農産物や、加工食品を、中国に紹介したいという熱意が強く感じられた。

出品商品の取扱い、価格、荷姿等、様々な意見交換を行う中で、私が出品商品を中国の方に伝えるためのネット利用の話をした。

具体的な説明は現場で行うことにして、午後から展示館に行った。

展示館は地下1階、地上2階の3フロアで、5000㎡あり、展示ブースは地上1階部分の1800㎡である。

ブースの設計のためか、意外に狭く感じられるが、工事はほぼ完成に近づいており、2週間以内には完成するのではないか。

以前に頂いた見取り図を参考に、一応、ブースデザインを組んでいたが、ほぼ予定通りであった。

しかし、頼んでいた冷凍ケースが手違いで納入されていなかった。今回、展示館の視察に来なければ、冷凍ケースを用意できなかったので、本当によかった。

午前中の会議で紹介した、北京と秋田をネット回線で結び、協会の安全・安心の取り組みの説明をしたところ、代理店のトップにとても喜ばれ、自分達もこのようなネットを利用する展示館の運用をしたかったのだとの意見が聞かれた。

代理店より、今後もこのような提案を、どんどん出して欲しいとの依頼を受けた。

中国の参加者から、中国の水は硬水で飲料に適さず、炊飯器も性能が悪く、米がおいしくても、おいしいご飯が炊けないとの話があった。

そのため展示館においても、米をおいしく炊くため、水や炊飯器を用意し、おいしいお米を炊くための日本の食文化を紹介することになった。

by a-wakui | 2012-02-06 17:52

日程を協議   

朝の飛行機で羽田に行き、羽田で北京展示館出品のための準備を進めている協議会の事務局の方と合流し、北京に来た。

北京では商社のメンバーも合流し、16人で展示館出品の今後の日程について協議を行った。

16人と人数も多く、初めての方もいたので、今回の出張の枠組みの話を中心に進めた。

本番は、明日の北京の代理店との協議と、展示館の視察である。

by a-wakui | 2012-02-05 17:47

明日から北京へ   

明日は新事業の打ち合わせのため、中国の北京に行く。

北京に常設展示館が設置され、日本の農産物や加工食品が展示されることになった。

その展示館に、協会も出品することになっており、協会の米、米めん、米粉、大福、おはぎ、無菌パックをはじめとして、酒、味噌、醤油、ドレッシング、和菓子等、200種類の出品を考えている。

展示館出品の話を聞いたのは一年前になるが、その後、東日本大震災や原発事故による放射能汚染の拡大により、展示館出品の話は一時中断していた。

昨年11月頃より、ようやく具体的な日程が決まったので、今回の北京の展示館の視察や、北京の代理店との今後の進め方についての協議を行うことになった。

by a-wakui | 2012-02-04 18:22

明日から一週間の長期出張   

明日から、長期出張なので、一週間はブログを書くのを休むことにした。

一週間の出張で、懸案の新事業の方向性を確立する。

今日も、新事業の準備で忙しいが、ようやく準備が整った。

正月明けより、連日、準備に取り組んできたが、何もかも初めてのことがあり、とても大変だったが、頑張っただけの仕事ができた。

また、お湯で戻る米パスタは、食品メーカーの評価が高く、多くの食品メーカーより、商品化の話がきている。

米粉食品の普及が少ないので、米めんの売り上げは、期待した程にはいっていないが、一歩一歩進んでいかないと、目標には到達しない。

高い目標を立てているからこそ、お湯で戻る米めんが完成した。

これからは、ロングタイプ米めんのインスタント商品に取り組み、春先の完成を目標に、もうひと頑張りしなければならない。

by a-wakui | 2012-02-03 16:40

諦めないで   

今日も寒いが、明日頃から天気は快復するようだ。

お湯で戻る米めんが完成したので、大手食品メーカーに紹介したところ、とても評価が高く、商品化を進めたいというメーカーも数社出てきた。

米粉食品の普及は、まだまだ時間がかかるが、諦めないで米めんの開発と普及に取り組んで行かなければならない。

by a-wakui | 2012-02-02 16:59

来客対応、新事業準備を進める   

昨日は、久しぶりに米作りの勉強をし、夜遅く帰宅した。

様々な多収穫栽培技術を勉強してきたが、昨日勉強した多収穫栽培技術は、偶然発見された栽培技術であり、まだ完成された技術ではないとのことだ。

多収穫を安定させるために、これから様々な要因を調査する必要があるとのことだった。

それでも、話の内容に関しては、私も理解できる話であり、納得できる話である。

特別に難しい技術ではなく、普通栽培の中に組み込まれる技術であるので、早速、実践をしてみることにした。

今日はとても寒く、雪も多い。交通機関は混乱し、高速道路も混乱している。

朝、来社される予定のお客様も、午後の来社になった。

どんなに寒くても、やるべき仕事は急いで進めないと、手遅れになってしまう。

by a-wakui | 2012-02-01 16:46

ブログトップ | ログイン