<   2013年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

連日の雨   

早い人は、田圃に水を入れ、代かきを始めた。

今年は寒いので急ぐことはないと思うが、それぞれの農家で技術が違う。

大潟村の田圃は連日の雨でぬれており、耕耘ができなく、皆、晴天になるのを待っている。

by a-wakui | 2013-04-30 17:18

様々な技術で   

昨日に続き、今日も晴れたが、田圃は乾かない。

早い人は、代掻きの水を入れ始めた。

代掻きをしてから植える人、代掻きをしないで植える人等、大潟村には様々な技術がある。

大潟村の農家は皆、米作りに生活と人生を掛けている。

TPP時代を迎えて、これからが大潟村の底力の見せ所だ。

今日は、知人のお葬式に参列した。

知人は秋田から北海道へ、そして秋田に戻り、大潟村に入植した方だ。

人の人生は不思議なものだが、他の人にはできない経験をしたのではないか。

by a-wakui | 2013-04-29 17:54

あわてず、じっくりと   

今日、久しぶりに1人で映画に行った。

午後1時から、夜8時まで、3本の映画を見た。

最後には3本の映画が混じり合うようになる。

昨夜も雨が降ったため、田圃は水浸しだ。

こういう時は、あわてないで、じっくりと構えなければならない。

by a-wakui | 2013-04-28 22:27

鳥の目   

今日は、昨日までの出張時の書類整理とデータ収集をした。

正月明けより、新規事業のため様々な調査をしてきたが、ようやくまとまりがついてきたようだ。

目の前の課題に全力で取り組みながら、一歩離れて見るようにしなければならない。

また、現在取り組んでいる全ての物を、鳥の目で上空から見ることも大事だ。

地上で見ているだけでは、見落としが出る。

by a-wakui | 2013-04-27 18:12

研修最終日   

今日は、秋保温泉の社員研修に行った。

今日が研修最終日だが、全員卒業できるかどうかは分からない。

営業員の皆様は、何年も営業をやっているが、今回のような本格的な営業研修は初めてではないか。プロの営業技術を学び、プロの営業マンになってほしい。

新事業に向けて、新しい商品と新しい売り場が必要になる。そのための商品と売り場の用意は徐々にできてきたが、その商品が売れるか否かは営業員の力にかかる。

新しい事業に新しい商品と新しい売り場ができるのだから、営業員も新しい気持ちになって頑張ってほしい。

今回の研修で、社員の3分の1の社員が研修を受けた。来月も10人の研修を予定している。

物が売れない時代程、社員研修をしっかり行い、商品よりも社員を売り込めるようにしなければならない。

明日から連休が始まるが、田圃作業も本格的になる。

今年は代かきをしない田植えを考えているので、どのようになるか。全ては天気次第である。

by a-wakui | 2013-04-26 16:49

有意義な時間   

今日は1日中、新規事業について様々な方々と相談をし、夕方は仙台に移動。

仙台でも新規事業について話し合いをした。

連休前の忙しい時期に、無理をして出張にきたが、とても良かった。

相手の方には、急な訪問で迷惑をかけたが、とても有意義な時間を過ごせた。

by a-wakui | 2013-04-25 17:05

勉強会   

午前の飛行機で東京に行く。

午後から新規事業に関わる3社との商談を行う。

連休前に方向性を確認しておかないと間に合わない。

夜は業界紙の方と、今後の米の流通情勢について勉強会を行った。

by a-wakui | 2013-04-24 22:30

連日忙しく   

今日も晴れたが、明日から天気が下り坂のようだ。

早く播いたハウスは、今日で15日になったが、まだ芽が揃わない。

毎日がとても寒く、雨が多く、今年の春作業は予定通り進まない。

連休前に、新事業の方向性を決めるため、連日忙しい。

社員研修も、今日で2日目になる。

今回は営業のための社員研修であるが、研修を通して、プロの営業マンになって欲しい。

明日から3日間の出張だ。

by a-wakui | 2013-04-23 16:30

社員研修3回目   

久しぶりに、朝から青空だが、3~4日晴天が続かないと田圃には入れない。

今日から、営業員の研修が始まる。

社員研修の3回目である。

プロの営業力を学んで、自分の力にしてもらいたい。

新しい協会になるためには、新しい営業力が必要だ。

by a-wakui | 2013-04-22 17:31

生命の危険   

一日中、雨でとても寒い。苗の生育も例年より3~4日遅れ気味である。

今日は、仲間が、種播き中にフレコンの下敷きになり、ドクターヘリで搬送された。

生命は助かったようだが、注意しなければならない。

農業は、大きな機械を使うので、いつでも生命の危険が伴う。

by a-wakui | 2013-04-21 18:49

ブログトップ | ログイン