<   2013年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

減反政策廃止を1日も早く   

連日のように減反政策の見直しや、米の補助金見直しの報道が見られる。

私も、減反廃止について、意見を聞かれることが多くなった。

21歳の時から減反が始まり44年、私も65歳になった。

減反政策は、緊急避難政策であり、44年も続くこと自体が異常である。

それを、もう5年程続けようというが、5年も続くと私も70歳になる。

もう農業をやめているかもしれない。

減反政策は1日も早くやめ、米の増産政策で日本農業を再構築してほしい。

by a-wakui | 2013-10-31 16:55

減反廃止は5年後   

午前の飛行機で秋田に帰ったが、午後からも東京のテレビ局の取材があった。

減反廃止、戸別補償減額と、たて続けに農政改革の話が出てきた。

私が21歳の時に減反が始まり、44年経ち、私も65歳になった。

5年先の廃止ではなく、来年からでも廃止して欲しいものだ。

5年先になると私も70歳になり、人生が終ってしまう。

by a-wakui | 2013-10-30 16:41

全く違う視点で取り組む事業   

連合会立ち上げの打ち合わせのため、東京に来た。

昨日は、連合会設立総会の案内を送付したが、今日、新しく追加案内を送付した。

協会が今まで取り組んだ事業とは全く違う視点で取り組む事業になる。

夜は、連合会事業関係者と会議を行なった。

by a-wakui | 2013-10-29 21:13

器が試される   

今日は、連合会設立総会の案内を送付した。

新しい事業を起こす時は、どんな事業でも大変だが、今回の連合会事業は、
今までの事業と違い、日が経つにつれて、事業の大きさがひしひしと伝わってくる。

明治維新は、薩摩、長州から始まったが、農業維新は東北から始まったと言われるような、
連合会を創らなければならない。

事業の規模は、その経営者の器を超えないと言われるが、どんな事業にするかで、
私の器が試されることにもなる。

by a-wakui | 2013-10-28 16:12

様々な協力の必要性   

連合会事業の資料を整理した。

今までの協会事業は、社内完結事業であったが、今回の連合会事業は、
県境を越えるだけでなく、様々な企業やシンクタンクの協力が必要である。

11月11日の設立総会までは、全力をあげて準備をしなければならない。

by a-wakui | 2013-10-27 16:45

どんな知恵でも   

減反廃止の発表で、新聞には様々なコメントが出ている。

米を減産するために、40年以上続けられた政策だったが、廃止になれば、
また新しい考え方が出るものだ。

日本の官僚も農業法人の経営者も、増産に向けてどんな知恵も出せるものだ。

不足している加工用米や新規需要米の大増産をするも良し、輸出米を作るも良し、
新しい加工食品の開発も良しではないか。

by a-wakui | 2013-10-26 17:30

減反廃止へ   

国が減反廃止の方向性を発表したことで、多くの方から電話があった。

大潟村に入植した44年前からの減反政策であり、私の農業人生の長い友人でもある
減反政策がようやく廃止とされるという。

どうせ廃止するなら、来年から廃止すれば良いのだが、44年続いた減反だから、
廃止するにはそれなりの準備が必要なのだろう。

by a-wakui | 2013-10-25 21:36

準備は万端に   

今日は、出張も来客もなかったので、11月11日の東日本コメ産業生産者連合会設立総会の
案内状の確認と発送をした。

全国から様々な方が集まるので、準備をしっかりしなければならない。

夜は、生産者の役員会で、連合会の説明を行なった。

by a-wakui | 2013-10-24 20:39

連合会についての打ち合わせ   

午前中は商談を行ない、新幹線で秋田に帰った。

午後から来客があり、連合会の話をした。

夜も別の方と連合会についての打ち合わせを行なった。

by a-wakui | 2013-10-23 19:48

近づく総会   

午後から仙台に行き、連合会の打ち合わせを行なった。

11月11日の設立総会まで日が少なくなったので、準備を急がなければならない。

by a-wakui | 2013-10-22 16:14

ブログトップ | ログイン