<   2013年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧   

正月明けから米ネピュレ事業に全力を挙げる   

今日はとても良い天気になった。

一日中、書類の整理をし、夕方になってから、お墓の整理を行なって、年末の墓参りをした。

今年1年、色々なことがあったが、大局的には方向性は間違ってはいないので、
正月明けから米ネピュレ事業に全力を挙げて取り組む。

by a-wakui | 2013-12-31 17:10

一日中のんびりと   

昨日、納骨式が終ったので、今日は妹が長岡に帰った。

久しぶりに仕事がなかったので、一日中のんびりと過ごした。

夜、仲間から今年最後の忘年会の誘いがあったので、出席した。

by a-wakui | 2013-12-30 21:52

静かなお別れ   

今日は、先日亡くなった父の納骨日である。

葬儀後、2週間自宅に安置し、今日納骨することにしたが、葬儀後すぐに納骨
しなかったので、ゆっくりとお別れができて良かった。

一昨日は、お墓の掃除も行ったので、今日は静かなお別れができた。

納骨のため、妹や娘たちも実家に戻り、皆、それぞれのお別れをした。

今年も、いよいよ残りわずかとなった。

by a-wakui | 2013-12-29 16:50

雪国の農業の創造のための一生   

会社の仕事は、実質的には昨日が最終日だが、今日は、受付と工場に何人かが出社した。

荷物の配達事情が悪く、遅れが出ているので対応をしている。

出張中の東京の天候とは全く違い、毎日が雨と雪で嫌になる。

冬の空を見ると、いつも感じるのが、雪国には雪国の農業があるということだ。

私の人生は、雪国の農業の創造のための一生だったのかもしれない。

春から秋の雪のない時に米を育て、その米を加工し、1年間通して販売していく。

そのことで、雪の下に埋もれる雪国のリスクを回避することができる。

残念ながら、私の想いを理解してくれる人が少なかったが、それも仕方がない。

農業の政策も大きく変わってきたので、日本中の農家が何かをしなければならない
場面に直面しており、協会に訪れる人が急速に増えてきたのは、ようやく、
私のやってきたことが理解され始めたからなのか。

by a-wakui | 2013-12-28 17:31

新しい協会の創造に全力を挙げる   

今日は、東京の営業員全員と、本社のネピュレ担当者が、ネピュレ株式会社に集まり、
来年の営業開始に向けて、社長より、米ネピュレの特徴と利用方法や営業の
方向性について指導を受けた。

今日は仕事納めの日であったが、米ネピュレの営業に関わる全社員が、社長の指導を
受けることで、正月休みの間に、1人1人が米ネピュレの勉強を進めることができる。

今日、勉強したかしないかで、正月明けからの仕事に大きな差が出る。

来年は、全社挙げて米ネピュレの開発と普及につとめる。


また今日は、来年の仕事に向けて、役員1人1人と面談し、仕事の方向性の
すり合わせを行った。

今年はとても忙しい1年だったが、来年は米ネピュレに絞った営業になるので、
落ち着いた仕事ができるのではないか。

来年の目標としては、米ネピュレ事業の攻めの経営と併せて、内部体制を固める
守りの経営と、バランスのとれた事業経営を確立する。


TPP、減反廃止、農地バンク等、激変する農業政策の中での新しい協会の創造に
全力を挙げる。

by a-wakui | 2013-12-27 16:05

1年間の締めくくり   

朝一番の飛行機で、秋田に帰ってきた。

今年最後の出張だったが、1年間の締めくくりとして、今年取り組んだ新事業の関係者との
打ち合わせを行なった。

年末の忙しい時間だったが、無理をしてでも行って良かった。

特に、来年から始める、新しい米加工品の米ネピュレの事業計画の打ち合わせを行なった
ことで、正月明けの目標が固まった。

帰社後、米ネピュレの製造のための新会社、株式会社ネピュレ東北の設立や、事業計画に
ついて役員会を開き、今年最後の全体昼礼で、来年度の事業計画を、社員の皆様に報告した。

仕事のため、出席できない社員もいたので、来年の事業計画を書いた手紙も渡した。

by a-wakui | 2013-12-26 16:16

どんな時代がきても対応できる準備   

朝、東京支店で営業会議を行なった後、夕方まで4社と商談を行なった。

夜は、新事業について、来年度からの進め方について話し合った。

国の農業政策は、TPP参加、減反廃止、農地バンク創立と、大きく変化しており、
農業者もその変化に対応するため、今までとは異なる対応が求められている。

私は、このような時代が来ることを想定して、今まで様々なことに取り組んでおり、
どんな時代がきても、対応するための様々な準備ができている。

これからは、その成果を活かすことができるのではないか。

by a-wakui | 2013-12-25 20:52

取材後に上京   

午前中、地元新聞社の取材があった。

午後は、新事業打ち合わせのため、新幹線で東京に来た。

夜は、営業員と会議を行なった。

by a-wakui | 2013-12-24 20:16

取り組んだことの成果が問われる   

夜は、社員の皆様に向けてメッセージを書いた。

今年1年間、様々なことに取り組んだ結果と、来年の目標について、
できる限り詳しく書いた。

来年は、米の情勢が大きく変化するので、協会が今まで取り組んだことの
成果が問われるのではないか。

米価の変動に左右されない経営の確立は、生産者にとっても同じだ。

そのためには、協会が米価の変動に左右されない経営を確立しておかなければならない。

今年も残り少なくなってきたが、また出張しなければならない。

by a-wakui | 2013-12-23 18:55

米粉の将来   

午前中は休んだ後、秋田に行き、アルヴェで開催された、米粉食品のセミナーに参加した。

講師の先生と、米粉の将来について話し合ったが、
先生もこのままではだめだとの想いだった。

先生に米ネピュレの話をしたが、ご存じでなかったため、今後、説明に行くことにした。

夜は、出張のまとめと、今後の目標を整理した。

by a-wakui | 2013-12-22 19:48

ブログトップ | ログイン