<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

いかに事業の楽しみを見つけるか   

ネピュレ事業の今後の取り組みについて、県内企業と商談をした。

米ネピュレだけでなく、野菜や果物を利用したネピュレ事業をどのようにしたら、
県内農業の活性化に役立てることができるか、今後、県内企業が協力して
取り組むことにした。


大潟村は種播きが始まり、とても忙しくなるが、ネピュレ事業の進捗に併せて、
ますます忙しくなる。

誰も経験したことのない初めての事業は、苦しみもあるが楽しみもある。

その楽しみをどのように見つけるかが、経営者の心構えである。

事業が大きければ大きいほど、苦しみも楽しみも大きくなる。

by a-wakui | 2014-03-31 16:55

ネピュレ事業の現実味が出てくる   

出張中の仕事の整理と、今後の仕事の進捗状況を確認した。

ネピュレ製造ラインもコンクリートを打ち終り、パネル設置の準備に入っている。

徐々に工場が仕上がってくるため、ネピュレ事業の現実味が出てくる。

4月末には完成し、5月の連休明けからテスト製造を行なう。

by a-wakui | 2014-03-30 16:11

春の農作業が進む   

今日は、出張疲れのため、1日中テレビを見ていた。

大潟村は、種播きの準備が急ピッチで進んでおり、田圃の肥料播きも始まった。

夜は、春作業の打ち合わせを行なった。

by a-wakui | 2014-03-29 20:19

事業の方向性の確定   

早朝の飛行機で秋田に戻り、種蒔き前の営農計画について話し合った。

正月明けからとても忙しかったが、米ネピュレ事業も連合会事業も、方向性が確定した。

日本農業は、TPPに向けて一進一退しているが、基本的な方向性は決まっているので、
協会ではTPP参加に向けて、全力で準備を進めなければならない。

by a-wakui | 2014-03-28 17:01

連合会事業の見通しがついた   

連合会事業の物流スキームについて、関係者と打ち合わせを行なった。

今日の会議で、連合会事業の見通しがついた。

連合会事業は、日本農業の再生のための事業スキームであり、今までの米流通の
常識にとらわれない考え方が必要である。

このような考え方ができる人は、多くはいないので、連合会事業の大義と理念は
伝えていかなければならない。

午後からは、輸出に向けて、商談を行なった。

by a-wakui | 2014-03-27 16:42

米粉食品の可能性が大幅に広がった   

朝の飛行機で東京に行き、米ネピュレの営業に向けて商談を行なった。

今までの米粉食品に、米ネピュレが加わることで、米粉食品の可能性が大幅に
広がったので、米粉食品に取り組んでいる各メーカーに提案することができる。

by a-wakui | 2014-03-26 16:54

ネピュレ事業が順調に進む   

会社で、出張中の報告と、今後の取り組みについて話をした。

今日の秋田さきがけ新報毎日新聞に、米ネピュレの記事が出た。

ネピュレ製造工場の建設も順調に進んでおり、4月末には出来上がる予定だ。

米ネピュレが米粉用米利用の起爆剤になるかの答えは、夏頃には分かる。


夜は、お客様と今後の取り組みについて会食を兼ねて懇談をした。

明日から2泊3日の出張だが、今回の出張は、とても重要な出張になる。

by a-wakui | 2014-03-25 20:22

米ネピュレ事業と連合会事業の打ち合わせ   

午前中は米ネピュレ事業、午後からは連合会事業の打ち合わせを行ない、
夕方の飛行機で秋田に帰った。

ネピュレ工場の第1ラインが4月中にはできる予定なので、第2ライン、第3ラインの
建設見通しについても話し合った。

国の米粉政策についても、大きな可能性が生まれるのではないか。

by a-wakui | 2014-03-24 18:53

やれるときに仕事を進める   

午後から村内の同業他社と、今後の打ち合わせを行なった後、
夕方の飛行機で東京に来た。

明日は、米ネピュレ事業と連合会事業について、重要な会議を行なう。

春の農作業が近づいたので、やれるときに仕事を進めておく。

by a-wakui | 2014-03-23 20:09

新事業の内容整理   


今日も一日中、書類整理をした。

正月明けより取り組んでいる新事業が、急速に進んでいるので、その時々の打ち合わせと、
進行状況の記録の確認や内容の整理をしておく。

by a-wakui | 2014-03-22 16:21

ブログトップ | ログイン