<   2014年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

秋田でコメネピュレ発表会   

秋田市内のホテルで、コメネピュレの発表記念試食会を開いた。

参加者は、国、県、経済団体、農業法人、食品メーカー等、合わせて200人を超えた。

ネピュレ技術の活用により、秋田県農業の活性化を行いたいと話した。

今日からが本番である。

by a-wakui | 2014-07-31 19:51

30℃超え   

今日も、明日のコメネピュレ発表会に向けて、関係者に資料をお届けした。

200人を超える出席なので、準備の確認を行った。

稲の出穂も始まったが、今日も30℃を超す暑さだ。

by a-wakui | 2014-07-30 17:42

資料をお届け   

朝から、31日の発表会の関係者に、ご挨拶をかねて、資料をお届けした。

by a-wakui | 2014-07-29 17:22

連合会役員会   

午前中に、連合会の役員会を行った。

昨年11月に、連合会の発足式を行ったが、ようやくシステムが完成に近づいた。

遅くても8月末には、ご案内できるようにする。

午後には、秋田に戻った。

by a-wakui | 2014-07-28 18:05

料理対決   

大阪の辻ウエルネスクッキングで、親子クッキング大賞の料理対決があった。

協会のお米「大潟村あきたこまち」と、カナダポークを使った、料理対決だった。

夕方、仙台に行く。

by a-wakui | 2014-07-27 17:22

3回目の審査員   

夕方、辻ウエルネスクッキングの「親子クッキング大賞」の料理対決に、審査員として参加するため、大阪に来た。

審査委員長は、神田川先生。

私は今年で3回目の審査員になった。

by a-wakui | 2014-07-26 18:47

野菜や果物等の加工   

午後の飛行機で秋田に帰り、秋田市で用事を済ませた後、協会に帰った。

協会では、コメネピュレの製造加工を中心に進めているが、ネピュレ技術は、野菜や果物等の加工もできる。

それらの素材を利用して、ネピュレ入りの大福、おはぎ、ジャム、アンコ等の製造販売を行なうことで、新しい営業ができるのではないか。

既存大手と同じ、おはぎや大福のジャンルでは競争力がないが、ネピュレ食品は他社がやっていないので、競争力は出るのではないか。

by a-wakui | 2014-07-25 19:37

加速しなければならない   

午後から、大規模農業法人の方たちとの意見交換会があった。

皆、今年の米の流通がいつもの年と違うことを感じている。

そのために何をどうしたら良いのか、具体的な対応ができない人もいるが、それは仕方がない。

私も、今後の米流通の変化に対応するため、様々な取り組みを行なってきたが、それでも対応は十分ではなかったので、これから加速しなければならない。

by a-wakui | 2014-07-24 17:36

米流通について   

東京支店の営業会議の後、米卸さんと今年の米流通について話し合った。

今年は、米の流通がかつてないほどの激動の時代を迎える最初の年になるので、米の業界にいる方は皆、注意して取り組んでいるようだ。

by a-wakui | 2014-07-23 17:27

新しいネピュレ商品の可能性   

ネピュレ社にて、新しいネピュレ事業について会議を行なった。

新しいネピュレ商品の可能性についての話し合いだった。

ネピュレ技術は、新しい技術のため、様々な可能性が広がるのではないか。

by a-wakui | 2014-07-22 17:04

ブログトップ | ログイン