<   2015年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

日進月歩する技術   

仙台で商談が2件ある。
1件はコメネピュレの新しい利用方法についての商談、もう1件は、米の新しい栽培技術と使う肥料についての商談である。
世の中は、日進月歩しており、様々な技術が開発されている。
農業と食品業界もその例外ではない。

今日は、昨日と全く違う技術が生まれているかもしれないので、日頃から情報を得るようにしておかなければならない。

by a-wakui | 2015-08-31 09:00

新しい時代への挑戦   

一日中、書類整理をし、夕方から村内の仲間たちと、情報交換会を行った。
皆、今後の農業情勢について関心があり、自分たちはどのようにしたら良いのか悩んでいた。
どんな事業でも、新しい時代にどのように挑戦するかであり、決まった環境の中で動くのは事業ではない。

by a-wakui | 2015-08-30 19:30

稲の登熟が急速に進む   

一日中田圃回りをした。

お盆明けより、連日、夜には気温が下、一日の温度差があるので、稲の登熟も急速に進んでおり、早生種は来月中旬には収穫期に入る。

晩手種も例年より、収穫期が早いのではないか。

by a-wakui | 2015-08-29 17:30

稲の登熟   

今日は、珍しくお客様の来社がなかったので、田圃回りをした。

今年は、田圃の一部で紋枯病が発生したので、来年は注意しなければならない。

お盆過ぎに涼しくなったが、昼と夜の気温差があり、稲の登熟には良い。

by a-wakui | 2015-08-28 16:45

新米出荷の準備   

今日は、大手食品メーカーが、協会のネピュレ工場の視察で来社された。

今後の本格的な取引に向けての工場視察であり、ネピュレ工場だけでなく、
協会の品質管理に対する取り組みや、圃場の案内をした。

今月も残り数日になり、9月中旬からは稲刈りも始まる予定なので、米の入庫や
新米出荷の準備と、忙しくなる。

田圃も、稲刈りと籾殻暗渠工事を一緒にやるので、とても忙しくなる。

by a-wakui | 2015-08-27 16:29

現地研修会   


今日は東北農研機構の方と、全国の農研機構の方達が、現地研修会で
協会に来社したので、役員が対応した。

私は昨日から胸が痛かったので、整形外科に行ったが、特に悪いところは
ないとのことだったので安心した。

by a-wakui | 2015-08-26 17:20

新しい事業計画   


㈱ゆうきの役員会に出席後、午後から秋田市内で商談を行った。

新しい事業計画だったが、とても可能性が高い事業であり、期待される。

by a-wakui | 2015-08-25 17:11

異色の訪問者   

今日は異色の訪問者があった。
先日も会社に来たが、私がいなかったので、今日は2度目の訪問になる。

東大から大学院に入り、IT会社に勤めた後、農業に関心を持ち、住所は東京におきながら、青森にニンニク畑を持ち、秋田県にもニンニク畑を持ちたいとのことだ。
私の話を聞き、自分の農業に対する考えの参考にしたいとのことだった。

東大の大学院を出た人間が農業に取り組んでいると聞いたので、どんな方かと私も大きな関心があったので、様々な意見交換をした。

私の考え方が参考になったかどうかは分からないが、今後も意見交換をしながら連携できるところは連携するようにした。

by a-wakui | 2015-08-24 17:30

今後の農業情勢は   

出張中に、溜まっていた書類の整理をした。
出張中に大きな商談があったので、意義のある出張になった。
また、本社でも大きな商談がまとまったので、今年は新米期に向けていつもの年より期待が持てるのではないか。

南の方から新米情報が入ってくるが、概ね予想した状況であり、農業情勢は何も改善してはいない。
それどころか、各地の農業情勢は悪い報告だけが入ってくる。
JAも行政も、この状況をどのように考えているのだろうか。

by a-wakui | 2015-08-23 20:00

昨日からの雨   

昨日からの雨で、少しなびいた稲もあるが、倒伏の心配はない。
新しい早生種を栽培しているが、部分的に色が濃いところがあるので、耐倒伏性も分かってちょうど良かった。
あきたこまちは肥料を少なくしたが、やはり他の品種に比べて、耐倒伏性は弱いので、今年の肥料の量を基本にする。
秋田63号については、肥料を少なくしたので、今度はちょうど良かった。

午後からは、村内のホテルで集まりがあったので参加した。

by a-wakui | 2015-08-22 19:30

ブログトップ | ログイン