<   2017年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

栽培地を見回り   

雪が積もっているが、県有地と周辺市町村の玉ねぎ栽培用地を見回った。

雪のため玉ねぎは見えなかったが、畝立ての形が見えるので、玉ねぎを植えたことはわかる。

車で走りながら畝立てをした畑を見て、雪の下に玉ねぎがあることを想像すると、春先の雪消えが待ち遠しくなる。

今日で今年も終わり、明日から新しい年が始まる。





 

by a-wakui | 2017-12-31 16:02

玉ねぎの選択   

午前中、葬儀に出席した後、午後からは書類の整理をし、年末の準備をした。

今年は玉ねぎ栽培に取り組む等、今までにない新しい取り組みを始めた。

大潟村は干拓地のため、地下水位が高く畑作には適さなかったが、入植以来五十年の努力で、ようやく土壌条件も改善され畑作ができる環境になった。

減反政策が終わるが、減反政策廃止後の新たな農業システムの構築として、玉ねぎの選択もあるのではないか。





 

by a-wakui | 2017-12-30 17:30

明日から正月休み   

今日で年末の業務が終わり、明日から正月休みに入る。

昨日まで一週間とても寒かったが、今日は穏やかな天候である。

運送トラックの方も順調に走っており、年末年始の遅れはなさそうで安心した。

今年は玉ねぎ栽培もあり、とても忙しかったが、何とか回すことができた。

来年はもっと忙しくなるのではないか。





 

by a-wakui | 2017-12-29 17:09

ひと段落   


今日も寒かったが、外回りの仕事はひと段落したので、あとは来年の仕事になる。

来年から玉ねぎ栽培が本格的に始まるので、田圃の暗渠作業を急がなければならない。





 

by a-wakui | 2017-12-28 17:01

残りは2日   

昨日と同様、爆弾低気圧の影響で、強風と雪にマイナスの気温が続いている。

道路は凍って、スリップ事故があちこちで起きている。

会社も年末なので大忙しであるが、残りは2日なので、ミスが無いようにしなければならない。





 

by a-wakui | 2017-12-27 17:31

玉ねぎ栽培の認知   

昨夜から強風と雪が続き、朝は一面真っ白くなり、道路も凍っていた。

今朝の読売新聞でも玉ねぎ栽培の記事が出ていたので、大潟村の玉ねぎ栽培はようやく認知されてきたようだ。

後は、春先の生育状況と、どれくらい収穫できるかで決まる。





 

by a-wakui | 2017-12-26 11:40

本格的な冬   

丸木橋の玉ねぎを見に行ったら、雪が10cm程あったが、玉ねぎの定植場所は条件が違うので、越冬率が違うのではないか。

今夜から強力な低気圧が来るので、明日から雪になり、これから本格的な冬になる。

今日の読売新聞の夕刊で、玉ねぎ栽培の記事が出ていたので、知人から電話があった。





 

by a-wakui | 2017-12-25 16:02

毎日新聞のストーリー   

今朝の毎日新聞のストーリーで、私のことが書かれていたので、同級生から電話があった。
十日町時代のこと、入植営農のこと、グルテンフリー食品のこと、玉ねぎ栽培のこと等が書かれていたが、今日の新聞は大潟村農業が新たな段階に入るきっかけになるのではないか。

天気が良かったので、村内外の玉ねぎの育成状況を見回ったが、品種によって若干のバラつきがあるが、概ね順調に生育しているようだ。
今日の毎日新聞により、大潟村の玉ねぎ栽培に多くの方が関心を持ってくれたら嬉しいのだが。

今年も残り少なくなったが、12月に入って、来春からの大型案件がいくつか出てきたので、来年は今年以上に期待ができるのではないか。





 

by a-wakui | 2017-12-24 16:47

農業政策の大きな変化   

昨日は飲み過ぎたので、夕方まで二日酔いが続いたが、夜は検査法人の忘年会があった。

減反も廃止になったので、米の検査体制も変わってくるのではないか。

減反廃止は、農業政策の大きな変化なので、これから様々な制度改革があるのではないか。





 

by a-wakui | 2017-12-23 21:35

役員会と忘年会   


みらい共創ファーム秋田の役員会があったが、秋田空港上空が霧のため、飛行機が羽田に引き返し、新幹線で来ることになったので、開催は夕方4時になった。

5時からは忘年会を開催したが、今回は、土地を借りた関係者がたくさん出席したので、玉ねぎの話で盛り上がった。





 

by a-wakui | 2017-12-22 22:20

ブログトップ | ログイン