チャンスをつかむ準備   

夕方、男鹿市の商工会の依頼で「農業の6次産業化」について話し、その後、懇親会に参加した。


男鹿も人口減少が激しいが、地元の方が気が付いていない発展の道があるのではないか。


どんな人にもチャンスは共通に来るのだが、普段から準備をしていないとチャンスをつかむことはできない。

 

# by a-wakui | 2018-11-12 21:28

どれだけ生長を進めることができるか否か   

今日は一日中、書類整理をした。


長期予報では、今年はエルニーニョのため暖冬になるというが、12月中旬まで暖かい日が続くと、玉ねぎの生長も進むのではないか。


玉ねぎは、雪が降って成長が止まる前に、どれだけ生長を進めることができるか否かである。

 

# by a-wakui | 2018-11-11 18:02

玉ねぎ畑を見回り   

全部の玉ねぎ畑を回り、生長具合の写真を撮り、協会の30周年記念誌に載せる。


やはり植え付け順に生育が進んでおり、来年の植え付け時期を早めなければならないことを実感する。


特に、1010日~15日までに植えたマルチ畑の生長が良く、驚く。


 

# by a-wakui | 2018-11-10 10:32

暗渠が絶対必要条件   

今日は雨が降ったので、外作業は中止になった。


昨日で玉ねぎの植え付けが終わったので、これからは片づけと暗渠作業が中心になる。

大潟村の玉ねぎ栽培を成功させるには、暗渠が絶対必要条件になる。


 

# by a-wakui | 2018-11-09 16:55

片づけ作業と暗渠作業   


早朝、セミナーに出席した後、秋田に帰った。


玉ねぎの植え付け終わったので、片づけ作業と暗渠作業を進める。



 

# by a-wakui | 2018-11-08 17:11

今年の玉ねぎ栽培は45ha   

残りの畑にも植え付けが終わったので、今年の玉ねぎ栽培は45haになった。


昨日からの東京出張で、今日はトマトの新しい栽培方法を勉強した。


様々な技術開発が進んでいるので、新しい発見があるかもしれない。




 

# by a-wakui | 2018-11-07 21:03

ハウス横の植え付け   

ハウス横の5haの植え付けをする。


砂地の圃場は高速タイプで植え付け、粘土質の所は若干砕土が荒いので、低速タイプで植え付けた。


今日から東京に出張だが、畑作業は進んでいる。




 

# by a-wakui | 2018-11-06 08:19

これからが本番   

県有地の玉ねぎの植え付けが終了し、ハウス横5haの圃場の耕耘と畝立てをする。


県有地20haに玉ねぎが植えられたので見事だが、これからが本番である。


3
日後に雨が降りそうなので、急がなければならない。

d0138614_17240891.jpg

# by a-wakui | 2018-11-05 16:23

植え付けと耕耘   

県有地の玉ねぎ2.4haの植え付けをする。


また、ハウス横の圃場の耕耘をする。


稲刈り後に玉ねぎを植え付けするには、稲刈り後にプラウで起こし、乾いたら、植え付け直前にアッパーカットローターで耕耘する。

2回やることで、砕土率が上がる。




 

# by a-wakui | 2018-11-04 08:59

三種町と添川の植え付けが終了   

三種町と添川のマルチ圃場の植え付けが終了した。


マルチがあるため、雨の後でも植え付けができた。


10
月下旬からの長雨で作業が遅れたが、昨年よりは順調に進んでいる。




 

# by a-wakui | 2018-11-03 17:52

ブログトップ | ログイン