「急がれる米めんの最終形の決定」   

7月に入ると、毎週のように卸の展示会がある。

展示会を通して、来場者への米めんの紹介を進めているが、とても多くの方に関心を持って頂いているようだ。

来場者は、「外食、ホテル、コンビニ、製造メーカー、事業所給食、通販」等、様々な業種業態の方達である。

早く最終的な商品の形を決定して見積もりを提出したいが、お客様の要望も多く、その要望の全てに応えようとしているので、見積もりも遅れがちになっている。急がねばならない。

米めんに取り組んで3ヵ月、「生めん、茹めん、乾めん、味付けめん」、「白米めん、玄米めん、発芽玄米めん」、「ロングパスタ、ショートパスタ」と、皆造ってきた。

協会でも、開発、製造、営業の全社員が一体となって取り組んできたからこそできたことだ。

by a-wakui | 2009-07-18 17:08

<< 「当座目標は月間100万食」 「農業の新しい世界を拓くという... >>

ブログトップ | ログイン