「当座目標は月間100万食」   

とりあえず、月間100万食分の「生めん、茹めん、乾めん」の設備を考えているが、設備の完成は9月上旬の予定なので、本格的な出荷は9月中旬になる。

21年産の販売目標としては、1万tであるから、これからの設備は、販売量に応じて増設していくことになる。

営業を進めれば進める程、お客様の要望も多岐にわたって来る。

どこまで要望に応えることができるかわからないが、可能な限り対応していきたい。

9月中旬までは、自社の既存設備による製造を行うが、24時間対応しないと製造は間に合わない。

まだ製造量が少ないうちに、商品の製造管理、品質管理等、基本的なことを確立しておかなければならない。

by a-wakui | 2009-07-19 17:09

<< 「常に高い販売目標を持って」 「急がれる米めんの最終形の決定」 >>

ブログトップ | ログイン