「8月上旬より、ぼたもちの直売店がスタート」   

前にも一度書いたが、米めんの営業と、ぼたもちや大福の営業を継続している中で、駅の構内で「ぼたもち」の直売所を出さないかという、とても良いお誘いを頂いた。

協会が直売所の経営をすることは難しいが、協会が商品を入れ、経営は相手方に任せることになった。

協会のぼたもちを専門に販売する直売店が駅の構内にできれば、とても大きな宣伝力になる。

第1号店は、8月上旬にでき、販売量が予定通りにいけば、2号店、3号店を開くこともできる。

この駅構内の販売とは別に、ぼたもちの販売も順調に進みそうなので、年末までに、月間100万個のぼたもちを販売できるようにしたい。

by a-wakui | 2009-07-23 17:10

<< 「経営者としての責任」 「米加工品一本にしぼった営業活動」 >>

ブログトップ | ログイン