環境の変化に対応した戦略を   

今日は、山形を通って秋田に帰った。

太平洋側は地震と津波の被害で大変だったが、山を越えて山形に来て、自宅まで300km走ったが、周りは皆1m近い雪の世界である。

日本海側の雪国の住民は、生れた時から雪に囲まれて生活しているので、半ばあきらめている。

しかし雪の降らない地域に、急に雪が降ったら、大問題になるのではないか。

帰宅途中のラジオのニュースで、福島原発の汚染水を止めることはできなかったということだ。

また政府も、原発事故の対策に、少なくとも数ヶ月かかるので、現在の避難範囲を見直す考えを発表した。

また新聞では、夏の電力を25%の削減目標が発表された。

原発事故の長期化、節電対策、食品関連企業の被災と、食品流通環境が大巾に変ったので、その環境の変化に対応した経営戦略を考えなければならない。

それにしても今年は寒い。今年の農作業は天気予報を見ながら、注意して進めなければならない。

by a-wakui | 2011-04-03 17:34

<< 自粛では復興できない 被害状況 >>

ブログトップ | ログイン