玉ねぎ栽培と乾燥・選果作業を見学   

今日は、佐賀と長崎の玉ねぎ栽培と、乾燥・選果作業を見学した。

玉ねぎ栽培は終わりに近づいていたが、たくさんのことを学ぶことができた。


水田地帯の玉ねぎは、収穫後に稲を植える田植えの準備も進んでいる。

畑作地では、玉ねぎの後に、ニンジンやキャベツ等の輪作体系を組んでいる。

畑作後は雑草防除のため、マルチ栽培が主流だ。


夕方の便で羽田まで戻り、羽田のホテルに泊まる。




 

by a-wakui | 2018-06-06 15:04

<< 6県を走り回る出張 農業は地域の事情を反映する >>

ブログトップ | ログイン