フードセキュリティの認証式   

香港でおむすび店70店舗を経営している青年が来社した。

15年前、学生の時に来社し、その後2回ほど会っているが、25歳の時に香港に行き、日本米を使ったおにぎり店を展開しており、2年後には200店から300店にしたいとのことだ。

今後、様々な点で連携することにした。


午後から、セコムのフードセキュリティの認証式を行い、県内外の報道機関が来社された。フードセキュリティの認証は世界で初めてのことであり、国際化時代においては必要不可欠の認証になる。

先日の輸出システムと今日のフードセキュリティで、協会もようやく輸出事業を本格化することができる。


 

by a-wakui | 2019-11-27 17:32

<< 風邪気味 みらい共創ファーム秋田の役員会 >>

ブログトップ | ログイン