玉ねぎの産地化に向けての意見交換   

県立大の先生方のヒアリングを受け、玉ねぎの産地化に向けて意見交換をした。


大潟村の玉ねぎの産地化のためには、県立大の先生方との交渉をもっと深めなければならない。


畑作は稲作と違い、自然環境の影響を受けやすいから大変だ。


しっかりとした技術の裏付けがなければ、畑作の成功は難しい。


 

by a-wakui | 2019-12-27 17:22

<< 知人と忘年会 農業機械の片付け >>

ブログトップ | ログイン