新たな国産玉ねぎの産地化についての会議   

農研機構の理事長と、東北農業研究センターの所長ほか10人程が来社され、新たな国産玉ねぎの産地化について会議を行った。


会議の後、玉ねぎのスマート農業実証圃の視察を行い、玉ねぎの産地化に向けて意見交換をした。


視察終了後、MKFAの役員会を開催し、現状の進捗状況と今後の計画について話し合った。




by a-wakui | 2022-06-22 17:28

<< 秋田県農業の発展は日本農業の発展 現場への落とし込みに苦労をしている >>

ブログトップ | ログイン