協会も環境の変化に対応しなければならない   

昨日から晴れが続いており、畑も乾いてきたので、玉ねぎの収穫ができるようになるのではないか。


秋田県のウイルス感染者数も1,200人を超え、東京の感染者数も大変な数になってきた。


国は、行動制限はしないことにしているが、これだけ多くなると、国民一人ひとりが自主的に行動制限をすることになるのではないか。


協会でも、社員の感染予防の徹底と、来訪者の制限を行わなければならない。


ウイルス感染は新しい段階に入ったので、協会も環境の変化に対応しなければならない。




by a-wakui | 2022-07-26 08:58

<< 人的に対応できる面も多くあるの... 出穂が始まった >>

ブログトップ | ログイン