人的に対応できる面も多くあるのではないか   


4回目の玉ねぎの収穫が始まったが、今回の収穫で、全量の収穫にしたい。


玉ねぎ栽培は、環境の影響を受けやすい作物だが、人的に対応できる面も多くあるのではないか。




by a-wakui | 2022-07-27 16:52

<< 日本農業の発展の課題 協会も環境の変化に対応しなけれ... >>

ブログトップ | ログイン