食の安全と安心   

輸出のための調査を始めて1年が経ったが、この1年間で「シンガポール・ウラジオストック・香港・ベトナム・オーストラリア」の輸出の商談が始まった。何を始めるにしても、「最初の一歩」を踏み出さなければ何も始まらない。

最初の一歩を踏み出すことで初めて、無限の世界が広がるのだ。
昨年は、日本中で食品偽装問題が報道されたが、今年に入り、今度は中国輸入食品の中毒により全国に被害が広がった。

国内だけが販売先であれば、このような問題が起きても国内問題だが、輸出においては国際問題になる。協会が輸出に取り組むためには、今まで以上に商品の生産から加工までの品質管理に注意しなければならない。

協会では現在、国際品質規格ISO14001と国際環境規格ISO9001を取得しているが、これから食品安全マネジメントシステムISO22000の取得を目指すことにより、品質管理をより強化しなければならない。

by a-wakui | 2008-02-19 17:15

<< 生産調整強化 無菌米飯の輸出 >>

ブログトップ | ログイン