「米粉の利用を進めるために必要なこと」   

協会でも規模は小さいながら、製粉機を導入し、米粉の利用方法について取り組んでいるが、残念ながら、米粉の技術開発は、ほとんど先駆者の技術に頼るしか方法がない。

米や野菜を育てる技術を教えるように、全国に米粉を利用する食品開発の技術を教えてくれる所があれば、米粉の利用は急速に進むのではないか。

日本農業は、農地の所有と利用の区分をし、新規就農者のための就農支援、そして米粉利用のための多収品種の開発と、米粉利用の商品開発を同時に進めることが大切なのではないか。

by a-wakui | 2009-02-04 14:22

<< 「有望な商品とは何か?」 「粒食文化と粉食文化の融合」 >>

ブログトップ | ログイン