「米めん元年としての第一歩」   

協会の、今年の米めんの取り組みの第一歩は、米めんを全国の消費者に認知してもらうことである。

米めんが全国の消費者に認知された後で、各県が取り組んでる米めんや、栽培方法の違いによる米めん等、様々な特徴ある米めんが生まれるのではないか。

現在のうどん・そばのように、それぞれの産地やメーカーが、自分の特徴を主張する米めんがたくさん出ることが米の消費拡大になり、結果として、農業・農村の発展につながるのではないか。

今年は、米めん元年として、どのように米めんを全国の消費者に認知して頂けるかの年にする。そのために協会として取り組みを考えている。

by a-wakui | 2009-07-03 17:18

<< 「世界で初めての発芽玄米乾めん」 「具体的な商品と価格の提案」 >>

ブログトップ | ログイン