「手造り感のある乾めんの形状」   

今日は、一日掛けて乾めんの形状を整える乾燥方法を実験した。いくつかの方法を試したが、普通の小麦めんのような、真っ直ぐに揃った乾めん造りではなく、幾分不揃いではあるが、手造り感を強調した乾めんの形状に決定した。

生めんを造る延長上の作業により、乾めんを造ることにしたので、作業工程も不都合ではなくなった。

さらに、ショートパスタについても乾燥実験を行い、ロング、ショートともに、乾燥時間、乾燥による目減り等、皆、実験することができた。

今回の実験を基本にして、乾燥機を設計しなければならない。

by a-wakui | 2009-07-05 16:58

<< 「冷凍茹めんの設備配置をどうするか」 「世界で初めての発芽玄米乾めん」 >>

ブログトップ | ログイン