2009年 07月 27日 ( 1 )   

「ドーナツ、どら焼き製造の方向性決定」   

お米を使った商品として、以前より「ドーナツやどら焼き」に取り組んでいたが、この度、ようやく方向性が決定した。

今までは米100%にこだわっていたが、米100%ではなかなか上手くいかず、大変苦労した。

米100%にこだわるのではなく、どら焼きやドーナツのふわっと感を残し、かつ米粉の良さを活かすことが大事で、配合率をどのように決定するかが重要になる。

また、どら焼きやドーナツを造るには、コストが大切だ。

米めんの時と同じように、製造コストを下げるために最大の努力をしなければならない。

1ヵ月に100万個を製造する商品になるから、どの設備を導入するかがポイントになる。

また、レシピの作成についても協力を得られるかどうかも重要なことだ。

協会では、米めん造りの方向性が確立したので、米めん以外は、米100%にこだわるのではなく、米を利用できる商品郡の開発を進めていく。

by a-wakui | 2009-07-27 17:21

ブログトップ | ログイン