2019年 01月 31日 ( 1 )   

米粉用米作付の位置づけ   

風邪も一段落したので、秋田市で開催された、国、県、全農、実需者が参加する、米粉用米の生産増に対する意見交換会に出席した。


生産者側はできるだけ高く、実需者側はできるだけ安くしたいという、まったく異なる考えを持っているので、まとめるのは大変だ。


農家個々の判断で米粉用米を栽培するのではなく、行政、農業関係者が一体となって、米粉用の作付を地域農業政策の中で、どのように位置づけするかを決める時期が来たのではないか。


 

by a-wakui | 2019-01-31 21:19

ブログトップ | ログイン