<   2018年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

急速に動く環境に遅れないように   

今年の天候の影響で、あきたこまちの草丈が伸びたようで、雨の後、倒れそうになった圃場がある。

私の所はそれほどでないが、他の農家の所は広い面積で倒れそうになっている。最近、雨が多いので、まだ広がるのではないか。

雨が続いているので、玉ねぎの種播きも23日は遅れているが、外の仕事のため仕方がない。


甘酒や非常食の出荷量が増えているため、作業工程の組み直しで、土日無しの三交代で取り組んでいる。


昼の飛行機で東京に行き、夕方の会議に参加し、最終便で戻る。

様々な環境が急速に動いているので、遅れないように対応する。




 

by a-wakui | 2018-08-31 09:31

玉ねぎ作業は全面休み   

今日は予報通り雨になったので、玉ねぎ作業は全面休みになった。


長い間晴れが続き、今度は雨の多い日が続いているが、何とか晴れ間を見て作業を続けている。


早生種は穂が黄色くなり、収穫が近づいている実感がしてきた。


久しぶりに来客が少ないので、遅れていた仕事を進めることができた。




 

by a-wakui | 2018-08-30 16:42

新しい市場を期待   

輸出に向け、包材のデザインや、輸出に向けた方向性について話し合った。


今回の商談は、量販店とは違う新たなる販路に向けた輸出なので、新しい市場が期待できるのではないか。


また、甘酒の輸出についても様々な商談を頂いており、甘酒が日本酒に続く新たな輸出商品になってきた。


玉ねぎの播種も進んでおり、明日は雨予報なので、一日休むことにした。




 

by a-wakui | 2018-08-29 17:23

育苗用地と定植予定地を見学   

みらい共創ファーム秋田の役員会があり、終了後、玉ねぎの育苗用地と定植予定地を見学した。


今年は、50haに定植するため、育苗用地も1haになるので大変だ。


今年の苗の発芽揃えは良く、畑の状態も良いが、今後、ゲリラ豪雨が心配だ。


午後から、県内の高校生が80人ほど会社見学に来たので、協会の取り組みを説明した。


一日毎に、苗箱を並べる面積が増えていくが、最後までやると1haになり、とても大きな面積になる。




 

by a-wakui | 2018-08-28 16:59

どのように貢献できるか   

秋田経済同友会の「地域と農業を考える会」の委員会を開催し、意見交換をした。


秋田の経済界として、秋田県農業の発展に、どのように貢献できるかについて話し合った。


今後も数回話し合いを進め、提言をまとめることにした。





 


by a-wakui | 2018-08-27 19:33

発芽が揃う   

玉ねぎの発芽が揃っている。


今年の玉ねぎの発芽はとても揃っており、大雨被害がなければ苗作りはうまくいくのではないか。


昨夜も雨が降ったが、稲は大丈夫だ。




 

by a-wakui | 2018-08-26 10:06

他産地米との差別化   


米ヌカ発酵有機肥料メーカーの懇親会があり、来春の米ヌカ発酵有機肥料の方向性について話し合った。


来年度から米価が下がる傾向があるので、米ヌカ肥料は他産地米との差別化に有利になるので、そのことを伝えた。




 

by a-wakui | 2018-08-25 21:52

生産者会員の世話人会   

生産者の世話人の会の方と会食をした。


今年は、田植え後からとても忙しかったので、世話人会の開催は久しぶりだった。


米粉用米の在庫販売の見通しが立ったことを報告し、来年度の作付けについても報告した。




 

by a-wakui | 2018-08-24 22:10

発芽が始まった   


玉ねぎの発芽が始まったが、昨年に比べて発芽が揃ったので、今日から、播種順にサンサンシートと寒冷紗を剥ぐ。


当初、発芽後10日程、寒冷紗をかけることにしていたが、苗床面積が広いので、発芽と同時に寒冷紗も剥ぐことにした。




 

by a-wakui | 2018-08-23 09:01

台湾の商談会   


台湾で商談会が行われたが、台湾では、グルテンフリー食品よりも甘酒に関心が高かったとのことだ。

グルテンフリー食品はようやく話が聞かれるようになったので、まだ34年はかかるのではとのことだった。




 

by a-wakui | 2018-08-22 19:23

ブログトップ | ログイン