<   2019年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

玉ねぎの生育状況   

玉ねぎの生育状況を視察したら、冬の風や凍み上がりの被害が出た畑もあった。


自然環境の中で育てる作物は、様々な被害が出る。


マルチ栽培の所の生育は良く、植え付けが10日ほど遅くなっても、露地より生育は良くなっている。


大きすぎて、トウ立ちするものも出るかもしれないが、今年は良い参考になる。


 

by a-wakui | 2019-03-31 17:01

プラウ耕と作付けの話し合い   

プラウ耕も順調に進み、一日、7haほどできている。


圃場状態で、プラウとプラソイラーの使い分けをする。


夕方、近くの農業法人を訪問し、今年の作付けについて話し合いをした。


それぞれが大きな面積を作付けしているので驚いた。


 

by a-wakui | 2019-03-30 18:50

圃場のプラウのテスト   

午前中、みらい共創ファーム秋田の決算説明のため、秋田市の会社を訪問した。


秋田市で偶然、古い知人に会った。


その方は78歳になったとのことだが、とても元気だった。


絵を描く趣味があるので、国内外に旅行をしながら絵を描いているとのことだ。


秋田市の帰り、圃場のプラウのテストをした。


プラウは湿っていてもできるので、乾くまではプラウを進める。



 


by a-wakui | 2019-03-29 17:29

10日ぶりの自宅   

若干の風があったが、フェリーは大きな船のため、少しも揺れなかったので良かった。


6時に秋田港に着き、自宅に帰った。


母は10日ぶりに自宅に戻ったが、意外に元気なので安心した。


私も2週間ほど、毎日違うベッドで寝たので、さすがに疲れた。


 

by a-wakui | 2019-03-28 11:57

母を連れて十日町へ   

17日から長岡の妹の所にいる母を連れて十日町に行き、十日町の親戚や知人の方に集まってもらい、秋田に戻る前に皆で会食をした。


十日町から大潟村に入植して50年経ち、母も93歳になったので、もう十日町に来ることはできないかもしれないので、今日が最後になるのではないか。


母も顔を忘れた方がいたが、時間が経つにつれて少しずつ思い出したようだ。


秋田に帰るため、新潟港から夜11時発のフェリーに乗った。


 

by a-wakui | 2019-03-27 00:40

「生産、加工、販売」の面から考える   


秋田に帰り、昼はメトロポリタンで、秋田経済同友会の「地域と農業を考える会」の委員会に参加した。


秋田県農業を「生産、加工、販売」の面から考え、新たなる方向性を構築する。


 

by a-wakui | 2019-03-26 17:15

常に求め続けていかなければならない   

沖縄で、新しい粉砕技術の研修をした。


米の製粉には様々な方法があるが、今回の技術は、今までの製粉方法とは全く異なる製粉技術である。


技術革新は、常に求め続けていかなければ、新しい技術に出会うことはできない。


 

by a-wakui | 2019-03-25 21:32

沖縄の会社を訪問   

会社訪問のため、夕方沖縄に着いた。


夜は、同行者と会食をし、明日の視察に向けて意見交換をした。


ドックの次の日に沖縄まで来るのは大変だったが、明日の視察が新たなる発見につながれば良い。


 

by a-wakui | 2019-03-24 20:56

ひと安心   

今日は大腸検査をしたが、悪いところはないとのことだ。


人間ドックだけでは全てのことはわからないので、気休めにしかならないかもしれないが、とにかくひと安心だ。


夕方から、大潟村穀物検査協会の役員会があり、出席した。


昨年の事業実績と、今後の計画について話し合った。


 

by a-wakui | 2019-03-23 20:53

人間ドック   

今日から人間ドックに入り、胃カメラをしたが、大丈夫とのことなので良かった。


明日は大腸検査だ。


他にも検査をしたが、太っていること以外悪いところはないようだ。


 

by a-wakui | 2019-03-22 21:55

ブログトップ | ログイン