<   2019年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

畦の草刈り、圃場の溝堀り   


今日も畦の草刈り、圃場の溝堀りであるが、気温が高いのでとても大変だ。


玉ねぎの収穫もあるので、暑くても草刈りと溝堀を進めないと間に合わなくなる。


 

by a-wakui | 2019-06-20 15:56

根が地面深く入るように   

畦の草刈りと、圃場の溝堀りを始めた。


早生種の稲は出穂が81日なので、間もなく出穂40日前である。


これからは、根が地面深く入るようにしなければならない。


 

by a-wakui | 2019-06-19 15:21

玉ねぎ畑と乾燥施設を視察   


みらい共創ファーム秋田の役員会があり、玉ねぎ畑と乾燥施設の視察をした。


今年の玉ねぎは干ばつのため玉伸びが悪いので、加工のことを真剣に考えなければならない。


 

by a-wakui | 2019-06-18 22:50

玉ねぎと稲作仕事の連続   

早生の玉ねぎの収穫が終わったので、一時水田作業に入る。


次の玉ねぎの収穫まで1週間ほど水田の草刈りと溝堀りを行うが、とても忙しい。


玉ねぎと稲作は仕事が連続し、休む間がない。


 

by a-wakui | 2019-06-17 17:01

中学の同級会   


新潟で中学の同級会があり出席したが、参加する人が少なくなり残念だった。


亡くなった方や病気の方もおられ、来年は自分の番かもしれない。


 

by a-wakui | 2019-06-16 22:26

新潟の田圃   

新潟の田圃は久しぶりに見たが、大潟村の田圃に比べると面積の差が大きい。


これからの人手不足に対応ができないのではないか。


秋田では今日も玉ねぎの収穫だが、早生種の収穫は終わりに近づき、次の収穫まで若干の余裕があるので水田作業を行う。


 

by a-wakui | 2019-06-15 16:04

落水   

新潟に行くため、朝、田圃の落水をした。


暖かい日が続いたため稲の生長は良いが、田圃が湧くので落水し、酸素が入るようにした。


来週から溝堀りが必要になる。


天気が続いているので、玉ねぎの収穫も急ピッチで進んでいる。


圃場の小さな所は小さな機械を使うが、速度は遅くても仕事はきれいにできる。



 


by a-wakui | 2019-06-14 10:28

小さい畑の収穫   


玉ねぎの収穫をしているが、大きな畑から小さい畑に移ったので、収穫機も小型のものを使うようになった。


天気が続いているので、玉の伸びが悪い。


 

by a-wakui | 2019-06-13 15:01

収穫前の準備作業を進める   


玉ねぎの収穫作業が進んだので、マルチ剥ぎ等、収穫前の準備作業を進める。


晴天続きなので畑の土が舞い上がり、作業をするのは大変だが、仕方がない。


 

by a-wakui | 2019-06-12 11:49

レトルト食品増産   


レトルト食品増産のため、増設に向けた準備に入る。


レトルト食品が協会の主力になってきたが、これからも需要が伸びるのではないか。


 

by a-wakui | 2019-06-11 16:52

ブログトップ | ログイン