<   2019年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

出穂期   

早生種が50%以上出穂した。


あきたこまちも出穂が始まるので、83日頃が出穂期になるのではないか。


天気予報では連日30℃の気温が続くが、稲も夏バテをしないのか。


出穂期なので田圃に水を入れるが、すぐに減ってしまう。


 

by a-wakui | 2019-07-31 11:41

今までの経験を活かす   


今日は、村外の玉ねぎ畑を見回り、今秋の作付に向けて意見交換をした。


玉ねぎ栽培は今年で3年目になるので、今までの経験を活かさなければならない。


 

by a-wakui | 2019-07-30 17:30

現在のところは豊作型   


農道からも出穂が見られるので、早生種は20%くらいは出穂したのではないか。


現在のところ豊作型だが、いつ台風が来るのかわからないので安心はできない。


 

by a-wakui | 2019-07-29 16:13

台風シーズン   

出穂が始まるので、田圃に水を入れた。


例年、これから2週間くらいが、台風の被害が大きいので安心できない。


早生種は910日頃から収穫が始まり、あきたこまちは9月下旬からの収穫である。


 

by a-wakui | 2019-07-28 15:38

早生種の出穂   


早生種の出穂が始まったので、1週間くらいで穂揃い期になるのではないか。


玉ねぎ畑は、8月上旬の種播きに向けて準備を始める。


 

by a-wakui | 2019-07-27 17:25

稲も夏バテ   


連日、30℃の気温が続くようだが、稲も暑すぎて夏バテをするのではないか。


玉ねぎ畑は、播種と秋の植え付けに向けて準備を始めなければならない。


 

by a-wakui | 2019-07-26 16:46

加工が必要不可欠   


玉ねぎの加工について意見交換をした。


玉ねぎに限らず、畑作物は天候と相場に左右されるので、加工が必要不可欠である。


 

by a-wakui | 2019-07-25 16:57

商品開発と市場開拓が必要   


朝一番に東京支店で営業会議を行い、10時頃から商品会議を行った。


新しい事業に向かって、商品開発と市場開拓が必要になるので、今から検討を始めなければならない。


 

by a-wakui | 2019-07-24 12:02

天候と価格に左右される作物   

みらい共創ファーム秋田の役員会があり、玉ねぎの収穫状況について話し合った。


今日は玉ねぎの収穫最終日である。


今年は良い場所も悪い場所もあったが、来年につながる改善点がたくさん見つかった。


畑作は栽培面で天候に左右され、価格面で相場に左右される作物であることが、改めて実感された。


 

by a-wakui | 2019-07-23 14:01

根本的な秋田の未来の話し合いが必要   


秋田経済同友会の例会があり参加した。


皆さんは昨日の選挙結果を話していたが、秋田県の人口は、選挙の結果に関わらず減少を続けるので、根本的な秋田の未来を話し合わなければならない。


 

by a-wakui | 2019-07-22 21:44

ブログトップ | ログイン