戦後より悪い自給率   

ニュースで自給率が39%と報道されているが、実質自給率は28%といわれている。日本で飼育される牛や豚、ニワトリ等の飼料はほとんど輸入飼料で、飼料が輸入出来なければ日本では牛や豚、ニワトリは飼育できない。そうなると、自給率が28%に下がることになる。

60年前は、東京にも田圃や畑があり、田舎には田圃や畑がたくさんあった。今は、東京には田圃や畑はほとんどなく、田舎の田圃や畑は耕作放棄で荒れている。
日本で唯一自給率100%を維持している「米」も、10年後には耕作放棄地の拡大により、自給できなくなるのではないだろうか。

日本人は建国以来、何千年もかかって日本人が食べる米を確保するため、必死になって努力してきた。ようやく昭和40年頃に充分な米の生産ができるようになり、米の過剰に驚いた国は、今度は米の生産抑制政策に入った。それが減反政策だ。

それから39年、まだ減反政策は続いているが、10年以内に今度は米不足時代が始まるだろう。
これから始まる米不足は、人為的な政策で解決することは難しいのではないだろうか。

# by a-wakui | 2008-02-22 18:41

日本人が米を食べなくなる日   

平成18年度の農業の男子労働者は120万人と言われている。過半数が65歳を超えており、10年以内に70万人が農業をやめる。そして若者が就農するのは1年間に1000人以下で、10年間で1万人もいない。
統計によれば現在、農家の平均農地面積は1.6ヘクタールといわれており、近い将来は1戸あたり150ヘクタールの農地を耕作しなければ、現在の農地は維持できず、秋田県においては、一戸あたり300ヘクタールを耕作しなければ、農地が維持できないといわれている。

私の母の田舎は、50戸の農家で50ヘクタール程耕作しているが、皆70歳近く、一番若い人でも62歳だ。 10年以内には皆、農業をやめる準備に入っている。それは母の田舎ばかりでなく、日本中の農村が同じような環境にある。今の農業政策は、米の過剰生産を抑制するための政策を39年続け、これからも続けようとしている。

しかし農村の現場では、農業を続けようとする意欲が急速に薄れてきているのが現状だ。

# by a-wakui | 2008-02-21 13:10

生産調整強化   

39年間続いた生産調整も、平成19年度から選択性に変わり、生産調整の参加は原則的に自由になったはずだったが、昨年の夏の参議員選挙の結果やこれから予想される衆議院選挙のことを考え、また生産調整が今まで以上に強化される状況になってきた。

今、日本の農業政策は本当にこのままで良いのだろうか。行政もJAも農家もそして消費者も、真剣になって考える必要があるのではないだろうか。
多くの農家は兼業農家であるため、農業収入がなくなっても生活に困る事はない。現在使用している農業機械が壊れたら、機械を購入せずに農業をやめようと考えている農家がたくさんいる。急いで全国の農家の意識調査をする時期がきたのではないだろうか。

# by a-wakui | 2008-02-20 14:39

食の安全と安心   

輸出のための調査を始めて1年が経ったが、この1年間で「シンガポール・ウラジオストック・香港・ベトナム・オーストラリア」の輸出の商談が始まった。何を始めるにしても、「最初の一歩」を踏み出さなければ何も始まらない。

最初の一歩を踏み出すことで初めて、無限の世界が広がるのだ。
昨年は、日本中で食品偽装問題が報道されたが、今年に入り、今度は中国輸入食品の中毒により全国に被害が広がった。

国内だけが販売先であれば、このような問題が起きても国内問題だが、輸出においては国際問題になる。協会が輸出に取り組むためには、今まで以上に商品の生産から加工までの品質管理に注意しなければならない。

協会では現在、国際品質規格ISO14001と国際環境規格ISO9001を取得しているが、これから食品安全マネジメントシステムISO22000の取得を目指すことにより、品質管理をより強化しなければならない。

# by a-wakui | 2008-02-19 17:15

無菌米飯の輸出   

米の輸出を考える時、日本の食味感を持ち込むのではなく、食べるための利便性を考えたらどうかとの想いで「無菌米飯」を考えた。
無菌米飯を製造するための機械設備は、日本固有の技術と機械であり、無菌米飯を調理する電子レンジは世界中にある。消費量の少ない外国人にとっては、とても便利なのではないか。

ジェトロで市場調査をしてみたら、すでに外国にも無菌米飯が輸出されているが、コシヒカリも一般国産米も価格は同じであった。
日本における米の価値観は品種と産地であるが、外国における米の価値観は原産国である。この点が米の輸出における最大のポイントである。

# by a-wakui | 2008-02-18 16:38

米の輸出   

米の消費拡大を国内の人口だけで考えないで、輸出商品として考えたらどうなのか。この輸出に関しては、以前から何回も議論されてきたが、国際的な穀物メジャーの利権構造と国際価格の差の中で、実質的に輸出はできない状態であった。
昨年あたりから、日本食文化の世界的な普及と食の安全・安心の高まりから、国際価格の差を超えて安全・安心に対する国際的比較の中で、日本の米が輸出商品として認められつつある。

しかしながら、昨年の中国輸出は数十トン単位であり、輸出輸出と騒ぐ程ではないが、米の輸出がニュースになることそのものが遅れている証明なのかと考えさせられる。今まで輸出がほとんどできなかったのだから、小さくても一歩を踏み出したことは、高く評価できるのかもしれない。

# by a-wakui | 2008-02-17 10:10

米の需給バランスとは   

39年前に、米の需給バランスをとるために始まった減反政策。食の多様化による米の消費減により、ますます需給バランスがとれなくなったまま、39年後の今も先が見えない。
米が余らないようにするには、生産を抑制する、消費の拡大をする、とわかりやすい方法が2つある。現在の生産調整は生産の抑制を39年間続けてきた。では、消費の拡大はどうなのか。以前「もう一杯おかわり」運動等があったが、全く問題にならなかった。

消費拡大を一人一人の食べる量の視点から見るだけでは、拡大は難しいのではないか。今までの消費拡大は米が食べたくなる提案をするとの視点が足りなかった。
「米を食べやすくする・米が食べたくなる目的をつくる」等、通常の商品と同じような提案が必要であったが、その視点が足りなかった。

# by a-wakui | 2008-02-16 13:46

大潟村あきたこまち生産者協会を創立   

私は昭和62年に協会を創立し、新しい時代の新しい農業の姿の創造に取り組んだ。
白米をどのように売ったら良いか全くわからない手探りの中で、精米機を用意し、袋や箱を用意し、一歩一歩個人産直の実施に向けて歩き出した。

それから21年間、今も21年前と同じように手探りの中で日々協会の業務に取り組んでいる。
39年前の大潟村入植、そして減反開始から今日までは、㈱東洋経済新報社から出版されている私の著書『農業は有望ビジネスである!』をご覧頂きたい。

現在国会で暫定税率の問題で、暫定という期間が何十年も続くと議論をしているが、緊急非難と言われて始まった減反政策が、すでに39年間も続き、これからも続くことになっている。
私は減反が始まって3年くらい経った時に、減反政策はあとどれくらい続くのかと行政担当者に尋ねたら、その担当者は需給バランスがとれるまで続くと答えた。

d0138614_1713376.jpg

# by a-wakui | 2008-02-15 17:09

新しい出発   

食管法違反容疑の入植者が不起訴処分になったことにより、入植者の「米を植える自由・米を売る自由」がようやく確立した。多くの入植者達はようやく自分の希望した農業ができることになった。

私はようやくスタートに立ったとの想いで、胸がいっぱいになった。「米を植える自由・米を売る自由」は農家としての基本的人権を確立しただけである。大潟村の農家としての本来の戦いはこれから始まることになる。

私は自分の農業の確立、大潟村の農業の確立、そして日本の農業の確立のため、新しい一歩を踏み出すことにした。

# by a-wakui | 2008-02-14 13:10

入植者間の対立   

米を植える、植えないの問題は単なる作付け問題ではなく、入植者の間に様々な軋轢を生み、減反政策は新生の大地大潟村の崩壊も心配されるようになった。減反政策をめぐり、青刈り、農地買戻し、食管法違反、検問等、様々な圧力が米を植えることを希望する農家の上に次々とかけられた。

そして食管法違反容疑をかけられた二人の入植者が不起訴処分となり、行政による入植者への圧力は急速に薄れることになった。

# by a-wakui | 2008-02-13 14:00

ブログトップ | ログイン