社会構造が変わってしまうのではないか   

コロナ感染は、地方都市では増えているので、今後も収束する気配はなさそうだ。


年末まで続くことになると、本当に社会構造が変わってしまうのではないか。


連休だが、工場によっては出社し、仕事をしている。


休日は後で取ることにし、とりあえず、注文に対応しなければならない。


圃場は、田植えに向けて代掻きを中心に進めている。


大潟村の農家の8割は代掻きをしている。


ロシアとウクライナの争いはまだ続いており、コロナ感染も終わりそうにない。





# by a-wakui | 2022-05-02 13:37

地域の農業は、地域で守るしか方法がない   

大潟村は代掻きが始まった。


510日前後から田植えが始まり、5月下旬までかかるので、これから1ヶ月が一番忙しくなる。


山間部を車で回ると、耕作放棄地が増えているのを実感する。


地域の農業は、地域で守るしか方法がないので、地域で考えなければならない。


農業後継者がどんどん減ることは、地域農業の後継者が減ることでもある。


地域農業の後継者が減ることは、農地が原野に戻ることでもある。




# by a-wakui | 2022-05-01 15:17

観光業界の業種交代は続くのではないか   

新型コロナウイルス感染は、高止まりのまま連休に入ったので、連休後の感染拡大が心配されている。


テレビを見ると、どこの観光地も人出が多いが、皆マスクを着けているので、それぞれが感染に注意しているのがわかる。


観光客は増えても、今までのような観光の仕方とは違っているので、観光業界の業種交代は続くのではないか。


その流れに沿って、観光業界を顧客にしていた産業においても、業種転換が求められるようになるのではないか。




# by a-wakui | 2022-04-30 14:29

事業拡大には、新たな事業の創造が必要   

連休初日だが、協会では業務が忙しく、交代で出勤しなければならない。


連休後の大量出荷に向けて、連日、増産に取り組んでいる。


事業拡大に現状維持はないので、新たな事業の創造が必要になる。


新たな事業と言っても、米を中心とした商品開発であることは変わらない。




# by a-wakui | 2022-04-29 11:11

一年中で一番忙しい日々   

明日から連休のため、協会は出荷業務で忙しい。


圃場は田植えの準備のため、入水を始めた。


入水後、4日程して代掻きに入り、代掻き後、更に4日程して田植えに入る。


田植えは58日頃から始まる。


これから1ヶ月間、田植えが終わるまで、農家は一年中で一番忙しい日々になる。




# by a-wakui | 2022-04-28 11:13

ブログトップ | ログイン